あの「スター・ウォーズねぶた」が東京初上陸!“覚醒”当日、汐留でアート展示会 | Push on! Mycar-life

あの「スター・ウォーズねぶた」が東京初上陸!“覚醒”当日、汐留でアート展示会

エンタメ エンタメ

「スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~」
  • 「スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~」
  • 「スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~」
  • 「スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~」
  • 「スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~」
  • 「スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~」
  • 「スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~」
  • 「スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~」
  • 「スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~」
ファン待望のシリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の全世界公開日にあたる12月18日(金)、東京・汐留の日本テレビ2階日テレホールで、同作の公開を記念したアート展示会「スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~」が開幕した。

「STAR WARSイヤーと銘打ち、さまざまな試みを行った2015年を総括する内容」と担当者も自信を示す本展次会は、3つのブースに分かれ、最新作に登場するレイ、BB-8、カイロ・レン、フィン、キャプテン・ファズマの等身大フィギュアに加えて、BB-8柄がキュートな“もんぺ”と法被、人気キャラが描かれた将棋盤&駒など、『スター・ウォーズ』と日本の伝統文化とが融合するユニークな作品が数多く展示されている。

特にその迫力で圧倒されるのが、今年8月に青森ねぶたまつりに登場し、大きな話題を呼んだルーカスフィルム公認の「スター・ウォーズねぶた」。東京に上陸するのは、これが初めて。「ドロイドねぶた」「ジェダイねぶた」「シスねぶた」「フォースの覚醒ねぶた」の4種類はそれぞれ高さ約3メートル、幅が約4.5メートルあり、ズラリと並んださまは映画顔負けのスケール感だ。

京都・清水寺に展示された「『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』風神雷神図屏風」と「覚醒の書」も東京では初展示。さらに10月に鳥取砂丘に出現した砂像アートを手がけた茶圓勝彦氏が、本展示会用にBB-8の砂像を新たに製作するなど、全国津々浦々で展開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の国内プロモーションを一度に見渡せる。

また、“BB-8アート”プロジェクトとして、ユニークなイラストが話題の俳優・田辺誠一、イラストレーターや漫画家としても活動する中川翔子、きゃりーぱみゅぱみゅのPVも手がけるアートディレクターの増田セバスチャン、東京大学LEGO部ら独自の感性とテクニックを駆使してデザインしたBB-8がズラリ! ぜひ、あなた好みのBB-8を見つけてみては?

「スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~」は、12月18日(金)~12月29日(火)まで汐留・日本テレビ2階日テレホールにて開催。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、12月18日(金)18時30分より全国一斉公開される。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top