父・シュワvs娘・ゾンビ!?「大きなチャレンジだった」 『マギー』公開決定! | Push on! Mycar-life

父・シュワvs娘・ゾンビ!?「大きなチャレンジだった」 『マギー』公開決定!

エンタメ エンタメ

『マギー』 - (C) 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.
  • 『マギー』 - (C) 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.
  • 『マギー』 - (C) 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.
  • 『マギー』 - (C) 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.
  • 『マギー』 - (C) 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.
  • 『マギー』 - (C) 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.
  • 『マギー』 - (C) 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.
  • 『マギー』 - (C) 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.
あのアーノルド・シュワルツェネッガーが主演・プロデュースした初の“ゾンビ”映画『マギー』が、2016年2月6日(土)より全国公開されることが決定。日本版ポスタービジュアルと場面写真が到着した。

感染するとゾンビ化してしまう壊死性ウイルスが、爆発的に流行している近未来のアメリカ。田舎の小さな町に住む16歳のマギー(アビゲイル・ブレスリン)も、このウイルスに感染する。感染者たちは社会から隔離された特別病棟に収容され、そこで、苦痛と危険に満ちた過程を経てゾンビへと姿を変えていたが、その後、どうなるかについて、語られることはなかった。

ウェイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、感染の診断を下され、姿を消した娘のマギーを捜し出し、家族のもとへと連れ帰る。家には継母にあたるキャロライン(ジョエリー・リチャードソン)と下の子2人がいた。ウェイドは、実母を数年前に失くした大事なマギーを、可能な限り手元に置こうと、隔離命令を持って現れた地元警察を追い返す。しかし、マギーの苦痛に満ちた変化は徐々に進行。ウェイドは1人、そんなマギーをなす術もなく見守るだけだったが、決断の時は、確実に迫っていた…。 

「アクション映画なら世界を救うことも出来るが、『マギー』では、ゾンビ化していく娘に対して、何も出来ない。この無償の愛を描いた作品は、新しいゾンビ映画であると同時に自分にとって、大きなチャレンジだったが、是非、やってみたいと思ったんだ」と、シュワルツェネッガー自身が語る本作。近未来を舞台に、最愛の娘がウイルスに感染したときの、父親の究極の選択と家族愛を描いたかつてないゾンビ映画で、父親の苦悩と悲しみを表現し、新境地を開拓した。

娘のマギー役には、『リトル・ミス・サンシャイン』から成長を遂げ、『ゾンビランド』ではエマ・ストーンとともにゾンビと戦う生存者を演じたアビゲイル・ブレスリン。また、人気海外“ゾンビ”ドラマ「ウォーキング・デッド」のメインタイトルのディレクターやアカデミー賞のクリエイティブ・ディレクターを手掛けるなど、多彩な才能を放つヘンリー・ホブソンが長編初監督を務めている。

公開されたポスター・ビジュアルでは、ゾンビ化していくウイルスに侵されたアビゲイル演じるマギーと、守ることしかできないシュワルツェネッガー演じる父・ウェイドの苦悩と悲しみが込められた表情が印象的。さらに、キャッチコピーには、「娘として守るのか―。ゾンビとして殺すのか―。」という、ショッキングな文字が躍る。

“最強”といわれたアクションスターが“ゾンビ”と化す娘にどう立ち向かうのか、ぜひ注目していて。

『マギー』は2016年2月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top