池井戸潤、「下町ロケット」撮影現場を訪問! 映像化に「奇跡」 | Push on! Mycar-life

池井戸潤、「下町ロケット」撮影現場を訪問! 映像化に「奇跡」

エンタメ エンタメ

阿部寛、池井戸潤、吉川晃司「下町ロケット」 - (C) TBS
  • 阿部寛、池井戸潤、吉川晃司「下町ロケット」 - (C) TBS
  • -(C)TBS
  • TBS「下町ロケット」で父娘役を好演する阿部寛&土屋太鳳
  • 「下町ロケット」(C)TBS
  • 「下町ロケット」(C)TBS
  • 「下町ロケット」(C)TBS
  • 「下町ロケット」に出演する小泉孝太郎&世良公則
  • 「下町ロケット」に出演する今田耕司
阿部寛が主演を務めるドラマ「下町ロケット」最終回の撮影現場に、原作者の池井戸潤が訪問。出演者を激励した。

佃航平(阿部さん)は、宇宙科学開発機構の研究員だったが、自分が開発したエンジンを載せたロケットの打ち上げ失敗の責任を取らされ退職。父親が遺した「佃製作所」を継いで社長として第二の人生をスタートさせ夢に向かって突き進む――。

「人々の希望を繋ぐ爽快な作品」と評され第145回直木賞を受賞した池井戸氏の同名小説を映画化した本作。朝日新聞にて連載された「下町ロケット2」とほぼ同時進行にドラマが放送され、原作本はシリーズ累計で200万部を超える大ベストセラーを記録。今週放送の最終回に向けて、さらなる注目を集めている。

このほど池井戸氏が訪問したのは、帝国重工・財前が執務をする部屋のシーンを撮影中のつくば市の撮影現場。阿部さんをはじめ、吉川晃司、安田顕、高島彩らキャスト陣は、終始和やかに池井戸氏との会話を楽しんだそう。

「半沢直樹」でも監督を務めた福澤克雄監督の現場にも足を運んだという池井戸氏は、今回の報恩を経て「久し振りに福澤組の現場を拝見しましたが、相変わらず熱があり、緊張感のある現場でした。こういうところで役者さんの力が引き出され、そしてそこにリアリティーがあるから、働いている人たち・ものづくりに 携わっている人たちの心に響く熱いドラマができあがったのだと思います」と絶賛。さらに、「夏に書き始めた本が、こんなに早く映像化されること、その事自体が奇跡だと思います。佃製作所という小さな会社が、ロケットエンジンのバルブシステムをつくり上げるというストーリーも奇跡ですが、ドラマを作っているこのチーム自体もある種の奇跡の中にいる、という二重構造になっていると思います。このようなミラクルはもう二度とないのではないでしょうか」と、感慨深く語った。

いよいよ目前に迫った最終回は25分拡大での放送。どのような結末が訪れるのか、放送を楽しみに待ちたい。

「下町ロケット」最終回は、12月20日(日)21時よりTBSにて放送。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top