【USJ】15周年テーマは「やり過ぎ」!常識を吹き飛ばすアトラクションやイベントが続々 | Push on! Mycar-life

【USJ】15周年テーマは「やり過ぎ」!常識を吹き飛ばすアトラクションやイベントが続々

エンタメ エンタメ

「RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)! さあ、やり過ぎよう、生き返ろう。」キービジュアル
  • 「RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)! さあ、やり過ぎよう、生き返ろう。」キービジュアル
  • 精神科医の名越康文
2016年3月31日(木)に開業15周年を迎えるユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、その15周年のテーマを“RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)! さあ、やり過ぎよう、生き返ろう。”に決定した。世界でも類を見ないスペックの最新鋭コースター「ザ・フライング・ダイナソー」をはじめ、これまでのテーマパーク概念を吹き飛ばすような、とんでもない“やり過ぎ”アトラクションやイベントを、節目の2016年、続々と展開する予定だという。

到着したキー・ビジュアルを見ると、パークの人気キャラクターたちが勢ぞろい。元気よくはっちゃけているイメージに元気がわいてくるが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンによれば15周年を通じて、この“やり過ぎ”エンターテイメントで、“Re-born(リ・ボーン)!”、すなわち、ゲストのさまざまな感情便益を刺激することで細胞を丸ごと元気にして若返らせたいという想いがあるそうで、ひいては日本全体を若返らせたいとのことだ。

この考えに賛同する精神科医の名越康文氏は、「“Re-born(リ・ボーン)!”は殻が破れることです。それは純朴な心に戻るだけでなく、身体ごと、そして皮膚感覚ごと、子どもに戻ることです。だから新鮮な気持ちになることができ、若返ることができます」と説明した上で、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで“Re-born(リ・ボーン)!”を体験した人が、若々しい身体、若々しい感覚になって、この日本が再生していく、そういう大きなきっかけになって欲しいと思っています。自身にはまだまだ可能性があるということに気付ければ、いくらでも日本は輝ける。だからいまの日本には“Re-born(リ・ボーン)!”が必要なのです」と専門家ならでは視点と分析で、USJの15周年へ熱い応援エールを贈る。

まずは2016年1月15日(金)~「ユニバーサル・クールジャパン 2016」を開催するユニバーサル・スタジオ・ジャパン。日本全体を若返らせ元気にする、特別な1年に期待だ。

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
(C)&(R) Universal Studios. All rights reserved.
TM& (C) Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights (C) JKR. (s15)
TM / (C) Sesame
(C) '15 Peanuts
(C) '76, '15 SANRIO APPR. NO. EJ5100701
(C) 2015 MARVEL
T2(R)-3D (C)StudioCanal S.A.
(C) Walter Lantz Productions LLC
TM & (C) Universal Studios.
《text:cinemacafe.net》

特集

page top