和久井映見、渡部篤郎の妻役に! 12年ぶり共演「お義父さんと呼ばせて」 | Push on! Mycar-life

和久井映見、渡部篤郎の妻役に! 12年ぶり共演「お義父さんと呼ばせて」

エンタメ エンタメ

「お義父さんと呼ばせて」
  • 「お義父さんと呼ばせて」
  • 「お義父さんと呼ばせて」
  • 「お義父さんと呼ばせて」
  • 「お義父さんと呼ばせて」
遠藤憲一と渡部篤郎がW主演を果たす事で話題の来年1月期放送のドラマ「お義父さんと呼ばせて」。先日、遠藤さん演じる保の彼女として蓮佛美沙子が抜擢され、更なる話題を呼んでいたが、この度、新たに渡部さん演じる紀一郎の妻役に女優・和久井映見の出演が決定した。

大道寺保、51歳独身。中堅の専門商社の部長。仕事に没頭するあまり、これまで結婚に縁は無かったが、真っ正直に生きてきた。そんなある日、保は28歳も年下の女性と運命的に出会い、その笑顔と温かさに触れ、人生で初めて結婚を決意する。花澤紀一郎、51歳既婚。一流の総合商社に勤め、華々しい実績を重ね、最年少役員を務めるエリートビジネスマン。妻と3人の子どもに恵まれ、自らの家庭を理想的だと信じている。年齢は同じだが生き方も考え方もまるで正反対という2人が、ある日、衝撃的な出会いを遂げる――。

本作で“結婚したい男”大道寺保役を演じるのは、地上波ゴールデン・プライム帯連続ドラマとしては初主演となる遠藤さん。「土下座の大道寺」と異名を持つ50代独身男を好演する。そして一見“デキる男”の完璧な父親だが、時にはちょっと残念なキャラである“結婚させたくない男”花澤紀一郎に渡部さんが扮する。保の28歳年下の彼女で、紀一郎の娘であり、猪突猛進な“イノシシ女子”という花澤家の長女・美蘭役には、蓮佛さんが抜擢された。

そして今回新たなるキャスト、紀一郎の妻・静香役に和久井さんが決定! 静香は、出世街道をまい進する紀一郎を妻として支え、母親として3人の子どもを育てて上げてきたまさに良妻賢母。しかし、実は家族の誰にも言っていない秘密を抱えていて、美蘭が保を結婚相手として家族に紹介したことをきっかけにその秘密が徐々に明らかになっていく。そんな明るく、優しく、美しい理想的な母親としての顔と、悩みを抱える一人の女性としての顔を併せ持つ役どころだ。

近年では、映画やドラマで母親役としての活躍も目覚しく、ナレーションやCMなどにも幅広く出演する実力派女優の和久井さんは「コミカルな空気も含みながら、この人間模様がどう展開していくのか…。とても気になっています」と台本を読んだ感想を語り、また渡部さんと12年ぶりの共演に「久々で緊張もしておりますが、シリアスな作品はもちろん、今回のようなお話の中でまたご一緒させていただけます事も、とっても嬉しく、ありがたく、頑張らねばと思います」と喜びのコメントを寄せた。

お調子者の紀一郎と、それを優しくたしなめる静香が繰り広げる言葉の掛け合いは、長年連れ添った夫婦ならではの、楽しい夫婦漫才を見ているかのよう。そんな世間からは“おしどり夫婦”と称されるような夫婦関係が、どのように変化していくのかにも注目したい。

「お義父(とう)さんと呼ばせて」は2016年1月19日(火)22時~フジテレビ系にて放送開始。
《cinemacafe.net》

特集

page top