<フォトレポ>見えるかな?ふたご座流星群…気になる方角・チャンス大の北海道 | Push on! Mycar-life

<フォトレポ>見えるかな?ふたご座流星群…気になる方角・チャンス大の北海道

教育 教育

見えるかな?ふたご座流星群…チャンス大の北海道、現地のようす(画像はイメージ) (c) GettyImages
  • 見えるかな?ふたご座流星群…チャンス大の北海道、現地のようす(画像はイメージ) (c) GettyImages
  • 写真1 北海道札幌市厚別区のようす(17:17)
  • 写真2 北海道札幌市北区のようす(17:03)
  • 写真3 宮城県名取市のようす(17:29)
 「ふたご座流星群」観察ピークまであと少し。流星の出現する方角が気になる方も多いのではないだろうか。インターネット上では「(ふたご座流星群のために)日の入りと同時に退社した」「受験勉強をしながら眺めたい」など、流星の出現に期待するコメントが増え始めている。気になる全国各地の空模様はいかがだろうか。

 三大流星群のひとつ、「ふたご座流星群」が活動のピークを迎えるのは12月14日から15日にかけて。2015年のふたご座流星群の極大時刻は12月15日午前3時のため、テントを構えて写真撮影に挑む写真家のようすも見受けられる。アストロアーツによると、12月14日頃の月は早い時間帯に沈み、月明かりの影響がないことから「近年で最高の観察条件」だという。

 ウェザーニューズが提供する「流星見えるかなマップ」の予想によると、12月14日午後5時53分現在流星が「バッチリ見える」「チャンスあり」とされているのは北日本や北陸、近畿地方。青森西部・秋田県の一部には「バッチリ見える」を示すオレンジ色が輝いている。

 「チャンスあり」とされている北海道札幌市厚別区の空模様は、午後5時17分時点ですでに月が沈みかけているようす(写真1)。このままの天候が続けば、月あかりもなく十分流星の観測が狙えそう。同じく北海道札幌市北区で午後5時3分観測された空のようすも雲がなく、晴れた夜空の継続に期待が集まる(写真2)。一方、観測は「難しそう」とされる宮城県名取市の空は雲が覆い、今後の天気の変化を祈るばかりだ(写真3)。

 なお、流星群が流れる方向はどこか、との質問も多く見られるが、流星群の見える方角に特に決まりはない。流星の観察方法や流星の見分け方は、国立天文台の特設サイトで学べる。家族みんなで流星の観察に乗り出してみてはいかがだろうか。
《佐藤亜希》

特集

page top