岡田准一、標高5千メートル超! エヴェレストでの撮影で「価値観変わった!」 | Push on! Mycar-life

岡田准一、標高5千メートル超! エヴェレストでの撮影で「価値観変わった!」

エンタメ エンタメ

阿部寛/『エヴェレスト 神々の山嶺』完成報告会見
  • 阿部寛/『エヴェレスト 神々の山嶺』完成報告会見
  • 尾野真千子/『エヴェレスト 神々の山嶺』完成報告会見
  • 阿部寛/『エヴェレスト 神々の山嶺』完成報告会見
  • 平山秀幸監督&尾野真千子/『エヴェレスト 神々の山嶺』完成報告会見
  • 尾野真千子/『エヴェレスト 神々の山嶺』完成報告会見
  • 平山秀幸監督/『エヴェレスト 神々の山嶺』完成報告会見
岡田准一主演で、標高5,200mでの撮影を敢行した映画『エヴェレスト 神々の山嶺(かみがみのいただき)』の完成報告会見が12月14日(月)に開催。岡田さんに加え、共演の阿部寛、尾野真千子、平山秀幸監督が出席した。

原作は夢枕獏の世界的ベストセラー。エヴェレストで命を散らしたマロリーは登頂に成功したのか? 山岳カメラマンの深町はこのエヴェレストの最大の謎を追う中、カトマンドゥで行方不明となっていた孤高の天才クライマー羽生と出会うのだが…。

昨年の3月にクランクインした本作。約1か月後に起きたネパール大地震で崩壊前のカトマンドゥの町並みなどがカメラに収められているほか、エヴェレストでも撮影を敢行! キャスト、スタッフのひとりも欠けることなく、日本映画史上最高の標高5,200mでのロケが行われた。

岡田さんは、以前よりカメラと山登りをプライベートでも愛しており「この作品をやるためだったのかな? と思えました」と本作との出会いを“運命”とふり返る。実際にエヴェレストに登り、過酷な自然の中での演技を超える経験をしたことで「価値観が変わった」とも。「いままで(俳優として)『うまくなりたい』、『うまいって何だろう?』と考えてきて、いまでもその思いはあるんですが、『うまい』のその先にある『人の心を打つ表現とは何だろうか? どうやったらそこにたどり着けるのだろうか?』と考えるようになり、そこは少し変わったのかな? と思います」と真摯な表情で語る。

阿部さんは10日ほどかけて、高地に体を慣らしつつ、山を登って行われた標高5,000m超えでの撮影について「まずそこにたどり着くまでに風呂もトイレも満足にないんです。夜、眠るのも怖いくらいの低酸素で、寒いし、頭も痛くなるし過酷でした。呼吸が苦しくなり、セリフを言うにも影響するほど」と苦労を述懐。「現地に行ったからこそ、出てきたものがあると思います」と頷く。「『何で山に登るんだろう?』と毎日、山のプロたちに質問してたんですが、答えが見つからない。あれだけの自然があり、人が太刀打ちできないことが起こる場所でそうやって考え、いまも考えてる。答えが見つかるか分からないけど、それが今回の宝であり、考え続けていくことになると思います」と語った。

山に魅せられた男たちに人生を翻弄される女性を演じた尾野さんは「気圧の問題で普通は、3kgくらい痩せるそうで、現にみなさん、やせられてたんですが、私は3kg太りまして…」と苦笑。岡田さんからは「誰よりもタフでした!」と評されていた。

岡田さんは「日本映画史上、過酷な撮影のトップ10に入る限界を超える撮影だった」と過酷さをふり返りつつ「もう1回、あの場所に行きたい」とエヴェレスト再訪問に意欲! 阿部さんも「山ってそうなるんですよ。神に近いからなのか…」と岡田さんの言葉に同意しつつ「岡田くんたちより僕は3日ほど早く撮影を終えたんですが、最後までいようかと思ってたのに、心が折れて先にヘリで帰ったんです(苦笑)。申し訳ないと思いつつ…次は心が折れないようにしたい」と語っていた。

『エヴェレスト 神々の山嶺』は2016年3月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top