ベン・ウィショー&トム・ヒドルストンら人気俳優集結!歴代の英国王描く「ホロウ・クラウン」 | Push on! Mycar-life

ベン・ウィショー&トム・ヒドルストンら人気俳優集結!歴代の英国王描く「ホロウ・クラウン」

エンタメ エンタメ

「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠」 (C) 2012 Carnival Film & Television Limited ALL RIGHTS RESERVED
  • 「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠」 (C) 2012 Carnival Film & Television Limited ALL RIGHTS RESERVED
  • 「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠」 (C) 2012 Carnival Film & Television Limited ALL RIGHTS RESERVED
  • 「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠」 (C) 2012 Carnival Film & Television Limited ALL RIGHTS RESERVED
  • 「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠」 (C) 2012 Carnival Film & Television Limited ALL RIGHTS RESERVED
  • 「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠」 (C) 2012 Carnival Film & Television Limited ALL RIGHTS RESERVED
  • 「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠」 (C) 2012 Carnival Film & Television Limited ALL RIGHTS RESERVED
  • 「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠」 (C) 2012 Carnival Film & Television Limited ALL RIGHTS RESERVED
『007 スペクター』のベン・ウィショー、『クリムゾン・ピーク』のトム・ヒドルストン、さらに『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』のジェレミー・アイアンズら、イギリスの人気俳優たちが集結し、歴代の英国王の物語を描いたシェイクスピア戯曲ミニシリーズ「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠」が、待望の日本初上陸! 本日12月14日(月)よりHuluにて配信がスタートする。

本作は、2012年にロンドンオリンピックを記念した文化的オリンピックの一環として企画された、「SHERLOCK/シャーロック」のBBCが贈るTVミニシリーズ。シェイクスピアの歴史劇「リチャード2世」「ヘンリー4世(第一部・第二部)」「ヘンリー5世」を、ベン・ウィショー、ジェレミー・アイアンズ、トム・ヒドルストンがそれぞれ豪華に演じ、実力派俳優陣の見事な演技と製作の圧倒的クオリティの高さで各メディアから大絶賛され、英国アカデミー賞で4冠を獲得。

続くシーズン2には、ベネディクト・カンバーバッチがリチャード3世を演じる「The Hollow Crown: The Wars of Roses」(原題)の製作が決定したことでも、大きな話題を呼んでいる。

まず、幕開けとなる「リチャード2世」で主演を務めるのは、『007』シリーズでQ役を務め、その名を世界に広めたベン・ウィショー。英国王きっての美男子と囁かれ、その華やかな宮廷での生活と市民への過酷な徴税により、実のいとこであるヘンリー・ボリングブルック(後のヘンリー4世)に王位を奪われることとなるリチャード2世の、栄光から堕落までの物語を迫真の演技で魅せる。

続く「ヘンリー4世」で、リチャード2世から王の座を奪った冷静沈着なヘンリー4世を演じるのは、『運命の逆転』のアカデミー賞「主演男優賞」ほか、数々の輝かしい受賞経歴を持ち、『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』ではブルース・ ウェインの執事アルフレッド役を演じるジェレミー・アイアンズ。

そして、ヘンリー4世の最大の悩みであった奔放すぎる息子のハル王子(後のヘンリー5世)を演じるのは、『アベンジャーズ』のロキ役で大ブレイクを果たし、ギレルモ・デル・トロ監督最新作『クリムゾン・ピーク』が控えるトム・ヒドルストン。

英国の歴史にその名を刻んだ輝かしい王冠を繋ぐ男たちの物語を描き、“王”と祭り上げられる一方で、その裏に潜む彼らの真実の顔、闇や悩みを浮き彫りにした本作。リーダーシップや家族愛など、深いテーマも描き出した秀作を見逃さないで。

「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠」は12月14日(月)よりHuluプレミア作品として第1話配信スタート。毎週月曜日に1話ずつ配信予定。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top