「下町ロケット」山崎育三郎、宮本亜門と初タッグ!ドラァグクイーン役に「身体もしっかり鍛えて」 | Push on! Mycar-life

「下町ロケット」山崎育三郎、宮本亜門と初タッグ!ドラァグクイーン役に「身体もしっかり鍛えて」

エンタメ エンタメ

ティック(ミッチ)役=山崎育三郎/ミュージカル「プリシラ」
  • ティック(ミッチ)役=山崎育三郎/ミュージカル「プリシラ」
  • 演出=宮本亜門/ミュージカル「プリシラ」
ミュージカル界のプリンスとして不動の地位を誇り、来週最終回を迎えるTBS系「下町ロケット」のキーマン・真野賢作役でもおなじみの山崎育三郎が、世界を舞台に活躍を続ける宮本亜門による演出でアカデミー受賞作『プリシラ』(’94)のミュージカル版に主演。ドラァグクイーン役として、ド派手な女装に身を包むことになった。

主演に山崎さん、演出に宮本さんという夢のタッグが実現し、日本に初上陸するミュージカル「プリシラ」。原作は、3人のドラァグクイーンたちのドタバタ珍道中を描いたオーストラリア映画。『マトリックス』『ホビット』シリーズのヒューゴ・ウィーヴィング、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』にも出演する英国の名優テレンス・スタンプ、『アイアンマン3』のガイ・ピアースという個性派俳優たちが三者三様のドラァグクィーンを好演し、世界中で大絶賛を浴びた。少ない予算で製作されたにもかかわらず、その奇抜でオリジナリティ溢れる衣裳はアカデミー賞「衣裳デザイン賞」を受賞。日本でも劇中の音楽とともに一大ブームが巻き起こった。

2006年には、待望のミュージカル版が本国オーストラリアにて誕生。ヒット・ソングを散りばめたディスコ・ミュージック、豪華絢爛な衣裳で歌って踊るエンターテイメント満載の舞台は、これまでロンドン・ウエストエンド、NY・ブロードウェイを含む15か国以上の国で上演されている。

宮本さんは、「リオのカーニバルとオリンピック開会式をシェイクしてカクテルにしたような、ゴージャスでド派手なショーです!」と本作を説明。「三者三様の背負った過去にホロりとして、元気になれる人間讃歌。ドラァグクイーンたちが目指す先は、誰もが幸せになれる華麗なるステージ! 16年の冬は、名曲の数々にノって、キッチュなコスチュームで身を包む『砂漠の花』たちとエンジョイしてください!」と語った。

また、映画ではヒューゴが演じたバイセクシュアルのティック(ミッチ)役に挑む山崎さんは、「笑いあり涙ありの脚本、名曲揃いの歌、派手なダンスシーン、そして、ロンドン版と同じ奇抜でオリジナリティ溢れる色鮮やかな衣裳とヘアメイク、これぞエンターテイメント!」と本作を語り、「亜門さんは、太陽の様に明るくて、常に前向きなエネルギーに溢れ、周りを幸せな気持ちにされる方。そんな亜門さんと、こんなハッピーな作品『プリシラ』を一緒に作れることを本当に嬉しく思います」と、宮本さんとの初タッグに喜びのコメント。

さらに「僕自身は、初のドラァグクイーンに挑戦になります。2008年に同じく日生劇場で上演された、鹿賀丈史さんと市村正親さん主演『ラ・カージュ・オ・フォール』で、女性として生きる市村さん演じるザザを、息子ジャン・ミシェルとして毎日目の前で見てきました。ここで育った経験も活かし、ありのままの自分をさらけ出し、プリシラの世界を生きたいと思っています。今回は露出もあるらしいので、身体もしっかり鍛えて、美しいラインを目指します。やっと出逢えた念願のコメディミュージカル作品、全身全霊で役に挑み、新たな壁をぶち破ろうと思っています!」と意気込みを語った。

ミュージカル「プリシラ」は2016年12月、日生劇場にて上演。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top