【カーオブザイヤー15 選考コメント】「伝統」と「継承」を高く評価…森野恭行 | Push on! Mycar-life

【カーオブザイヤー15 選考コメント】「伝統」と「継承」を高く評価…森野恭行

自動車 ニュース

マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • 森野恭行氏
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

カーレポーター/AJAJ会員の森野恭行氏はマツダ『ロードスター』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「FRオープン・ライトウエイトスポーツの伝統を四半世紀に渡って守り抜き、それをよりピュアなカタチに昇華させて4代目を生み出した、『伝統』と『継承』 の面を高く評価しました。2Lから1.5Lへの心臓のダウンサイジング、1トンを切る超軽量ボディの実現も、じつにマツダロードスターらしいこだわりと 言っていいでしょう。『パワステのフィーリングがもっと自然なら……』というのが引っかかる点ですが、トータルで考えれば『世界のロードスターファン』に 高い満足度を提供する素晴らしい仕上がりです。今後の発展と成長にも大きな期待を抱いています」。

全投票点数は下記の通り。
マツダ『ロードスター』:10点
ホンダ『S660』:8点
BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:3点
ジャガー『XE』:3点
スズキ『アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン』:1点


森野恭行|カーレポーター
生来のクルマ好きで、スモールカーから高級サルーン、高性能スポーツカー、はたまた2~3t積みトラックまで、機会があ ればどんなクルマでもとことん試乗。クルマの個性や魅力、そして開発者が担当モデルにこめた情熱などを、新車紹介や試乗インプレッションなどを通してわか りやすく伝えることを信条とする。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。1963年生まれ。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

特集

page top