【カーオブザイヤー15 選考コメント】原点回帰というキーワードが重要…諸星陽一 | Push on! Mycar-life

【カーオブザイヤー15 選考コメント】原点回帰というキーワードが重要…諸星陽一

自動車 ニュース

マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • 諸星陽一氏
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モーター・フォトジャーナリスト/AJAJ会員の諸星陽一氏はマツダ『ロードスター』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「歴史あるクルマの4代目であるロードスターは、原点回帰という方向で開発された。今の時代、この原点回帰というキーワードはクルマにとって極めて重要な言 葉だと私は思っている。ハイテクによってクルマの姿が大きく変わっていく時代のなかで、クルマとしてピュアな方向性に持っていたことに対して、もっとも多 くの配点を行った。また、マツダが企業としては大きなモータースポーツ活動を行っていないものの、つねに底辺スポーツへの対応を考え、この4代目ロードス ターにもNR-Aというモータースポーツベースモデルを設定していることも評価を高めた」。

全投票点数は下記の通り。
マツダ『ロードスター』:10点
ホンダ『S660』:9点
BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:4点
スズキ『アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン』:1点
トヨタ『シエンタ』:1点


諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

特集

page top