【カーオブザイヤー15 選考コメント】楽しく、幸福感に包まれる車…山内一典 | Push on! Mycar-life

【カーオブザイヤー15 選考コメント】楽しく、幸福感に包まれる車…山内一典

自動車 ニュース

マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

ゲームプロデューサーである山内一典氏はマツダ『ロードスター』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「第一に内外装の高い質感とデザイン。世界の自動車デザイン史に残る、ある画期を、現在のマツダ・デザインは生きている。その繊細で美しいセンスと人が感じる趣味の良さ、クオリティはこれまでの日本車の水準を超え、グローバルでもトップである。第二に、価格を考えれば望外なほど、クルマの動的な質感が高いこと。運転しているだけで楽しく、幸福感に包まれる。利益率の確保を背景としたコストダウンの影響なのか、国籍やブランドを問わず、かつての多様な個性が確実に失われていく中で、クルマ好きならすぐそれとわか る古典的な「モノ」としてのクオリティを維持どころか向上しているのは数字に表れない『人間力』に他ならず、胸を打たれる」。

全投票点数は下記の通り。
マツダ『ロードスター』:10点
テスラ『モデルS P85D』:6点
スバル『レガシィ アウトバック/レガシィ B4』:4点
BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:3点
トヨタ『シエンタ』:2点


山内一典|ゲームプロデューサー
ドライビングシミュレーター「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサー。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

特集

page top