【SEMAショー15】1451馬力…米国製スーパーカー、ヴェノムGT に2016年型 | Push on! Mycar-life

【SEMAショー15】1451馬力…米国製スーパーカー、ヴェノムGT に2016年型

自動車 ニュース

ヘネシー ヴェノムGT の2016年型
  • ヘネシー ヴェノムGT の2016年型
  • ヘネシー ヴェノムGT の2016年型
  • ヘネシー ヴェノムGT の2016年型
米国のヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング社は11月、米国ラスベガスで開催されたSEMAショー15において、『ヴェノムGT』の2016年モデルを初公開した。

ヴェノムGTは、英国ロータスカーズの『エリーゼ』をベースにしたスーパーカー。そのミッドシップには、シボレー『コルベット』の「ZR-1」用のLS9型6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンをベースに、ツインターボ化したユニットを搭載。最大出力1030ps、最大トルク134.4kgmを引き出し、0-100km/h加速2.9秒、最高速418km/hという世界最高峰の性能を実現した。その後、排気量が7.0リットルに拡大され、最大出力1244hp、最大トルク159.7kgmを獲得していた。

2014年2月、ヴェノムGTが米国フロリダ州のNASAケネディ宇宙センターの滑走路(全長5km)において、最高速計測を実施。435.31km/hという驚異的な最高速を記録した。これは、規定によりギネス記録とはならなかったが、ブガッティ『ヴェイロン』が2010年に打ち立てた431.072km/hを、4.2km/h上回るもの。

SEMAショー15では、ヴェノムGTの2016年モデルが初公開。7.0リットルV型8気筒ツインターボは、ブーストアップにより、最大出力が1451hp/7200rpmへ引き上げられた。従来比で、207hpの強化にあたる。

車両重量は1244kg。動力性能は、0-96km/h加速が2.4秒、最高速が450km/hオーバーと驚異的。同社のジョン・ヘネシー社長は、「ヴェノムが引き続き、ロードカーで世界最速かつ最高のパフォーマンスを備え、最もエキサイティングなハイパーカーであることを目指した」と自信を示している。
《森脇稔》

特集

page top