【カーオブザイヤー15 選考コメント】優れた快適性と燃費、BMWならではの走りの楽しさも…萩原秀輝 | Push on! Mycar-life

【カーオブザイヤー15 選考コメント】優れた快適性と燃費、BMWならではの走りの楽しさも…萩原秀輝

自動車 ニュース

BMW 2シリーズ グランツアラー
  • BMW 2シリーズ グランツアラー
  • BMW 2シリーズ グランツアラー
  • BMW 2シリーズ グランツアラー
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • BMW 2シリーズ グランツアラー 220i Gran Tourer Luxury
  • BMW 2シリーズ グランツアラー 220i Gran Tourer Luxury
  • BMW 2シリーズ グランツアラー 220i Gran Tourer Luxury
今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

AJAJ会員の萩原秀輝氏はBMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「2シリーズのアクティブ ツアラーおよびグラン ツアラーは、BMWブランドとしては初となるFFをベースとした駆動方式を採用したにもかかわらず、いきなりクラス最高レベルの走りを実現。ファミリー層をメインターゲットとしたモデルにおいて大切な優れた快適性と燃費を獲得しながら、BMWならではの走りの楽しさも兼ね備えています。さらに、ガソリン直噴ターボ、クリーンディーゼルともに早くも第2世代のエンジンを投入しするという先進性の高さを評価しました」。

全投票点数は下記の通り。
BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:10点
マツダ『ロードスター』:6点
ホンダ『S660』:5点
ジャガー『XE』:2点
フィアット『500X』:2点


萩原秀輝|AJAJ会員
学生時代より自動車誌にてスタッフを経験、卒業と同時にフリーランスのリポーターになる。かたわらツーリングカーレースに参戦し優勝の実績もある。そうした経験を生かし「走り」については深い洞察力を持つ。評価にあたってはアラ探しをするのではなく「乗る人の利益を前提にそれがどう満たされているかを見出す」ことを重視。また、確かな走行理論を基に各種の安全運転教育の講師を務め、これまでの受講者は累計で1万人を越える。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

特集

page top