【カーオブザイヤー15 選考コメント】「守るために変えていく」という革新的コンセプト…御堀直嗣 | Push on! Mycar-life

【カーオブザイヤー15 選考コメント】「守るために変えていく」という革新的コンセプト…御堀直嗣

自動車 ニュース

マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター S Special Package
  • マツダ ロードスター RS
  • 御堀直嗣氏
  • マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター RS
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016 10ベスト試乗会
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016 10ベスト試乗会
今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

フリーランスライターの御堀直嗣氏はマツダ『ロードスター』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「初代ロードスターから26年の歳月を踏まえ、作る人のこだわりと、買って乗る人の期待を両立させ、『守るために変えていく』という革新的コンセプトにより、見事にロードスターの姿を昇華させた」。

全投票点数は下記の通り。
マツダ『ロードスター』:10点
テスラ『モデルS P85D』:9点
BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:3点
スズキ『アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン』:2点
ホンダ『S660』:1点


御堀直嗣|フリーランスライター
玉川大学工学部卒業。1988 - 89年FL500参戦、90 - 91年FJ1600参戦。94年からフリーランスライターに。主な著書は『燃料電池のすべてが面白いほどわかる本』『ホンダトップワークス』『図解エコフ レンドリーカー』『快走・電気自動車レーシング』『ホンダF-1エンジン』『ポルシェへの頂上作戦』『自動車ニューテクノロジー集成』『クルマの基礎知 識』など。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

特集

page top