吉永小百合、二宮和也からの手紙に感激 「しばらくお別れするのはつらい」 | Push on! Mycar-life

吉永小百合、二宮和也からの手紙に感激 「しばらくお別れするのはつらい」

エンタメ エンタメ

吉永小百合/『母と暮せば』初日舞台挨拶
  • 吉永小百合/『母と暮せば』初日舞台挨拶
  • 山田洋次監督、吉永小百合、黒木華/『母と暮せば』初日舞台挨拶
  • 吉永小百合/『母と暮せば』初日舞台挨拶
  • 黒木華/『母と暮せば』初日舞台挨拶
  • 浅野忠信/『母と暮せば』初日舞台挨拶
  • 山田洋次監督/『母と暮せば』初日舞台挨拶
  • 山田洋次監督、黒木華/『母と暮せば』初日舞台挨拶
  • 浅野忠信、山田洋次監督/『母と暮せば』初日舞台挨拶
吉永小百合と二宮和也が12月12日(土)、親子役で共演した『母と暮せば』(山田洋次監督)の初日舞台挨拶に登壇。二宮さんが感謝の手紙をサプライズ披露すると、座長にして現場の“母”だった吉永さんは「皆さんのおかげでやり遂げることができた」と感激していた。

受け取った手紙を胸のあたりで、我が子のように大切に抱きしめた吉永さん。昨年12月に行われた製作会見から1年間に渡り、主演女優として撮影はもちろん、プロモーションも引っ張ってきただけに「山田丸という大きな船に乗り、力と心を合わせた現場。公開されるのはうれしい気持ちですが、ここにいる皆さんとしばらくお別れするのはつらい」と複雑な胸中を明かした。

一方、“息子”二宮さんは「現場ではとても気づかってくださり、現場を元気にしてくださった。大事なことを教わりましたね」と吉永さんに感謝の意。映画は母親と亡くなった息子の亡霊の交流を描いており「会話そのものは普通でしたが、触ろうとすると消えてしまうから…」(吉永さん)、「僕だって、消えなくなかったですよ」(二宮さん)と切ない親子関係をふり返った。

長崎で助産婦として暮らす伸子(吉永さん)の目の前に、3年前に原爆で亡くなった息子の浩二(二宮さん)が“ひょっこり”姿を現すという、山田監督が初めて手がける心温まるファンタジー。かつて広島を舞台にした『父と暮せば』を著した故・井上ひさしの遺志を継ぎ、山田監督が脚本を執筆した。

二宮さんは「一番大変だったのは、僕が『戦争を知らない』ということ。教科書やいろいろな作品を通して、学んではいるが、戦争を経験なさった山田監督に勇気を出して『知らない』と伝え、真実を教えてもらわないと、結局間違ったことを表現してしまうことになるので」と苦労を語っていた。東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われた初日舞台挨拶には共演する山田監督、吉永さんと二宮さんに加えて、黒木華、浅野忠信が同席した。

『母と暮せば』は全国公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top