【カーオブザイヤー15 選考コメント】誰もが「走ることが楽しい」と感じられる…高山正寛 | Push on! Mycar-life

【カーオブザイヤー15 選考コメント】誰もが「走ることが楽しい」と感じられる…高山正寛

自動車 ニュース

マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター RS
  • 高山正寛氏
  • マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター
  • マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター RS
今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

ITS Evangelist(カーナビ伝道師)/カーコメンテーター/AJAJ会員の高山正寛氏はマツダ『ロードスター』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「マツダ・ロードスターを2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤーに選定した。世界に多くのファンを持つクルマゆえに、4代目を生み出すに際し、開発陣のプレッシャーは大変なものであったはずだ。しかし、開発を担当した山本修弘主査を始めとするチームメンバーが各々の役割以上の仕事をしたこと。さらに言えば生み出した商品に対し、自信と同時に“愛”を持っていたことは素晴らしいと思えた。さらにファンを大事にするという「人と人とのつながり」を重視した戦略も高く評価した。クルマ自体は誰もが「走ることが楽しい」と感じられるもの。同時に発売からすでに5つのグレードを展開、しっかりとした体幹(ベース)の考えは同じでもその味付け自体にしっかりと変化を持たせている点もユーザーにとっては嬉しいはずだ」。

全投票点数は下記の通り。
マツダ『ロードスター』:10点
BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:7点
ホンダ『S660』:6点
スズキ『アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン』:1点
ジャガー『XE』:1点


高山正寛│ ITS Evangelist(カーナビ伝道師)/カーコメンテーター/AJAJ会員
1959年生まれ。自動車専門誌で20年以上にわたり新車記事&カーAVを担当しフリーランスへ。途中5年間エンターテインメント業界でゲーム関連のビジネスにも関わる。カーナビゲーションを含めたITSや先進技術のあらゆる事象を網羅。ITS EVANGELIST(カーナビ伝道師)として自ら年に数台の最新モデルを購入し布教(普及)活動を続ける。またカーナビのほか、カーオーディオから携帯電話/PC/家電まで“デジタルガジェット”に精通、そして自動車評論家としての顔も持つ。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

特集

page top