【カーオブザイヤー15 選考コメント】自分のガレージに収めたいデザイン…九島辰也 | Push on! Mycar-life

【カーオブザイヤー15 選考コメント】自分のガレージに収めたいデザイン…九島辰也

自動車 ニュース

マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター RS
今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの九島辰也氏はマツダ『ロードスター』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「マツダの会社規模で、ロードスターのような趣味性の高いクルマをつくり続けるだけでも大変なことなのに、新型はかなりチカラの入った内容となっている。排気量を小さくし高効率を実現したのはお見事だし、その他ハードウェアにも見るべきところは多い。が、個人的に一番気に入っているのはデザイン。素直にかっこいいと思える仕上がりです。自分のガレージに納めたいと心から思いました」。

全投票点数は下記の通り。
マツダ『ロードスター』:10点
BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:5点
フィアット『500X』:5点
ホンダ『S660』:3点
日産『エクストレイル ハイブリッド』:2点


九島辰也|モータージャーナリスト
外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。『Car EX』副編集長、『アメリカンSUV』編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌『LEON』副編集長なども経験する。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。趣味はサーフィンとゴルフの“サーフ&ターフ”。東京・自由が丘出身。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

特集

page top