【カーオブザイヤー15 選考コメント】スポーツカーファンにとって大切なエントリースポーツ…斎藤聡 | Push on! Mycar-life

【カーオブザイヤー15 選考コメント】スポーツカーファンにとって大切なエントリースポーツ…斎藤聡

自動車 ニュース

マツダ ロードスター
  • マツダ ロードスター
  • マツダ ロードスター
  • 斎藤聡氏
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2015-2016
  • マツダ ロードスター
  • マツダ ロードスター
  • マツダ ロードスター
  • マツダ ロードスター RS
今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの斎藤聡氏はマツダ『ロードスター』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「ロードスターは初代から数えて4代目となるが、動力性能や旋回性能を追うことを進化とせずに、軽量、コンパクトなライトウエイトスポーツとして、またスポーツカーファンにとって大切なエントリースポーツとしての立ち位置を忘れずに細部にこだわって作り込まれている点に感銘を受けた。

S660も同カテゴリーと見ることができ、マツダ ロードスターに劣らぬ魅力を持っているが、横滑り防止装置及びアジャイルコントロールの完全カットができたことの一点が評価の分かれ目となった」。

全投票点数は下記の通り。
マツダ『ロードスター』:10点
ホンダ『S660』:8点
ジャガー『XE』:5点
スズキ『アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン』:1点
テスラ『モデルS P85D』:1点


斎藤聡|モータージャーナリスト
特に自動車の運転に関する技術、操縦性に関する分析を得意とする。平たくいうと、クルマを運転することの面白さ、楽しさを多くの人に伝え、共有したいと考えている。そうした視点に立った試乗インプレッション等を雑誌及びWEB媒体に寄稿。クルマと路面との接点であるタイヤにも興味をもっており、タイヤに関する試乗レポートも得意。また、安全運転の啓蒙や普及の重要性を痛感し、各種セーフティドライビングスクールのインストラクターも行っている。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

特集

page top