新垣結衣、白髪から黒髪へ…「掟上今日子の備忘録」最終回 | Push on! Mycar-life

新垣結衣、白髪から黒髪へ…「掟上今日子の備忘録」最終回

エンタメ エンタメ

「掟上今日子の備忘録」(C)NTV
  • 「掟上今日子の備忘録」(C)NTV
  • 「掟上今日子の備忘録」(C)NTV
新垣結衣主演で贈る西尾維新原作のドラマ「掟上今日子の備忘録」。12日(土)にいよいよ最終回を迎える本作だが、このたび、気になる最終回の内容が到着した。

本作は、寝ると記憶がリセットされる「忘却探偵」の掟上今日子(新垣結衣)が、いつも犯人に間違えられる厄介(岡田将生)から持ち込まれる事件をほぼ1日で解決に導くというストーリー。

先週放送された9話では、厄介が思い切って今日子を映画に誘い以外にもOKを貰う。しかしそのタイミングで今日子に探偵の依頼が入り、諦めかけるが、今日子はすぐに仕事を終わらせてくると言う。とうとうデートの約束をし大喜びをする。そして約束の時間、映画館の前で今日子との楽しい時間を空想しいながら待つ厄介。そこへ厄介との待ち合わせに向かおうとする今日子だったが、しかし彼女の背後に黒い影が…。

そんないままでの話とは違った展開をみせた最終回直前の9話。そして今回、最終回の第10話では、今日子が姿を消してから10日、厄介はあの日のデートの約束をしていた映画館の前で黒髪になった今日子を発見する。厄介が声をかけるも、今日子は“掟上今日子”という名前も忘れており厄介を冷たくあしらって去っていく。翌日、再び同じ場所で今日子を見つけ声をかけようとするが、澤野(要潤)が立ちはだかる。なんと今日子は彼の妻・里美として暮らしていると聞かされる。しかも2人は昔出会って結婚までしたのだが、里美が突然いなくなってしまったため何年も探していたのだという。

一方「サンドグラス」はスポンサーだった大金持ちの態条が亡くなったため、法郎(及川光博)は閉鎖の危機に追いやられていた。それは同時に“探偵・掟上今日子”の居場所がなくなることも意味する。今日子の過去と態条の死には何か関係があるのか。厄介は今日子を忘れようとするが忘れられない、そんな中刑事の遠浅(工藤俊作)が訪ねてきて――。

新展開を見せた先週の第9話。厄介の切ない恋模様がより垣間見られた回となっていたが、最終回である第10話では、いったい2人の関係はどうなってしまうのか、ますます気になるラストとなりそうだ。

「掟上今日子の備忘録」は毎週土曜日21時~日本テレビにて放送。
《cinemacafe.net》

特集

page top