WBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志、新章『ロッキー』に「このリングに立ちたい」 | Push on! Mycar-life

WBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志、新章『ロッキー』に「このリングに立ちたい」

エンタメ エンタメ

内山高志/『クリード チャンプを継ぐ男』報知映画賞・特選試写会
  • 内山高志/『クリード チャンプを継ぐ男』報知映画賞・特選試写会
  • 内山高志/『クリード チャンプを継ぐ男』報知映画賞・特選試写会
名作『ロッキー』の新章『クリード チャンプを継ぐ男』の報知映画賞・特選試写会が12月10日(木)、東京・よみうりホールで開催され、WBA世界スーパーフェザー級王者内山高志が登壇した。作品の感想を尋ねられた内山さんは「自分もこのリングに立ちたいな、と思う」と、胸を熱くしていた。

『クリード チャンプを継ぐ男』は、シルヴェスター・スタローンが演じた『ロッキー』が、ライバルにして親友=アポロの息子と出会い、再びボクシングの世界に入っていく姿を描いた物語。ボクシングの描写もさることながら、真の師弟関係を築きあげるまでの過程も感動を呼ぶ。

今や、その戦いぶりから「ノックアウト・ダイナマイト」の異名を持つ内山さんだが、『ロッキー』のようなトレーニングをしたのかと聞かれると、「しました」と笑顔で回答。「生卵をめちゃめちゃ飲んでました(笑)。それに、鶏肉もすごくタンパク質でいいので、生卵と鶏肉と牛乳を混ぜたらどうかと思いついて、ミキサーで回してミックスジュースにしたんですけど、とにかくまずかったです(笑)」と、リアル『ロッキー』ぶりをさらした。

また、イベント前の囲み取材で、内山さんは映画『ロッキー』シリーズが大好きで、中学生のときから観ていると話した。「本当に大好きで、この作品が出る前までの全6本観ていましたし、全部DVDもそろえていますから、何回も観ています。曲を聞くだけで盛り上がるので、自分の試合前とかにたまに観ては気合いを入れています」と、スタローンの『ロッキー』を「崇拝していた」と熱弁をふるった。

シリーズ最新作となった本作の感想を求められた内山さんは、前6作と比較をして、「やっぱり燃えますよ。今回臨場感がすごくあって、実際本当の世界タイトルマッチを見ているかのようなワクワク感があるんですよ」と、王者目線ならではのレビューを語った。さらに、もし続編がある場合出演したいかという話には、「僕の階級だと少し軽いんで戦えないんで…引退してその話があればもちろん出たいです。80キロ近くして出たいですね。毎月筋トレに励みますね」と、ハリウッドへ向けて出演をアピールしていた。

『クリード チャンプを継ぐ男』は12月23日(水・祝)より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《cinamacafe.net》

特集

page top