窪田正孝、藤田ニコルに金田朋子…Yahoo!検索大賞でTVの影響力が浮き彫りに? | Push on! Mycar-life

窪田正孝、藤田ニコルに金田朋子…Yahoo!検索大賞でTVの影響力が浮き彫りに?

エンタメ エンタメ

「Yahoo!検索大賞 2015」授賞式
  • 「Yahoo!検索大賞 2015」授賞式
  • 「Yahoo!検索大賞 2015」授賞式
  • 「Yahoo!検索大賞 2015」授賞式
  • 「Yahoo!検索大賞 2015」授賞式
  • 「Yahoo!検索大賞 2015」授賞式
  • 「Yahoo!検索大賞 2015」授賞式
  • 「Yahoo!検索大賞 2015」授賞式
Yahoo!がサイト内の検索件数から、1年で最も検索件数が増えた人や物を表彰する「Yahoo!検索大賞 2015」が部門ごとに発表された。TVへの出演、番組で紹介されることで一気に検索数が増えるなど、いまなおTVの影響力の大きさを感じさせる結果となった。

「プロダクトカテゴリー」の「お取り寄せ部門賞」に輝いたのは、自社工場で生産したものを即日発送し、じゃがいもの味がいきていると人気の「できたてポテトチップ」(菊水堂)。同社は創業が1953年で、ポテトチップ製造販売の開始は1964年。全国菓子大博覧会で金賞と審査功労賞(2008年)、名誉総裁賞(2011年)を受賞するなど、これまでも継続的に高い評価を受けていたが、今年3月にTV番組「マツコの知らない世界」で紹介されたことで注文が殺到し、サーバがダウンするなど、一気に人気に火が点いた。お取り寄せの方法や値段などを検索する人々が多かったよう。

ヒューマンカテゴリーの「モデル部門」に輝いた藤田ニコルもモデル活動は小学生時代から始め、「二コラ」を経て「Popteen」に加入し、中高生を中心に高い人気を誇っていたが、ネットでの検索が一気に増えたのは、モデル活動に加えてタレントとしてバラエティ番組に出演するようになってから。「行列の出来る法律相談所」「しゃべくり007」などに出演し、ギャル語を使った口調や、思ったままを口にするあけすけな性格が話題を集めた。この日の授賞式でも本人は「いい意味でも悪い意味でも検索されたんじゃ…(笑)?」と語っていたが、大物芸能人を相手にも全く動じない姿は、時に反感を買うこともあり、“炎上”することや「すっぴん」という第2検索ワードを伴って検索されることも多かったよう…。当人はこれにも全く動じず「来年は『よく見ると意外とカワイイ』という言葉と一緒に検索されたい!」と笑顔で語っていた。

また「声優部門」ではアラフォーとは思えない独特の甲高い声で、こちらも声優としてだけでなく、バラエティ番組での露出をこの1年で一気に増やした金田朋子が選出! ハイテンションな話し方、「SASUKE2015」への挑戦など、大きな話題を集めた。アニメファンにはもちろん、声優として広く知られた存在だが、当人のキャラクターを含めて、アニメファン以外の目に触れる機会が増えたことで、「あれは誰?」と検索ワードに入力される機会が増えたと思われる。夫が元アスリートのイケメン俳優・森渉ということも、TVのトークなどで話題となり「ダンナ」などが第2検索ワードに上がっているという。

俳優部門に輝いた窪田正孝、女優部門の広瀬すずなどは、出演したTVドラマや映画で大きな注目を集めており、納得の結果と言えそう。特に窪田さんは「Nのために」「アルジャーノンに花束を」「THE LAST COP」と立て続けにドラマに出演しており、「デスノート」では夜神月を熱演! 最終回に近づくにつれ、その鬼気迫る演技や原作漫画そのままの構図や表情を見事に体現した姿にネット上で称賛がわき起こり、ドラマを視聴している人々の間での検索数が一気に増えたこともうなずける。

大賞の「三代目 J Soul Brothers」は既にメジャーな存在として認知度も高いため、同アワードの検索急上昇度の算出方法(1月1日から11月11日の1日当たりの平均検索件数から昨年1年間の1日当たりの平均検索件数を引いたもの)で、検索数が大幅にアップしたことは不思議でもあるが、ミリオン超えを果たしたニューアルバム、120万人を動員したドームツアーで改めてその高い人気ぶりを見せつけたと言えそうだ。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top