【カーオブザイヤー15 選考コメント】日本にジャストサイズのマルチパーパスカー…片岡英明 | Push on! Mycar-life

【カーオブザイヤー15 選考コメント】日本にジャストサイズのマルチパーパスカー…片岡英明

自動車 ニュース

トヨタ シエンタ
  • トヨタ シエンタ
  • 片岡英明氏
  • シエンタ・ウェルキャブ(福祉車両)車いす仕様車
  • トヨタ シエンタ
  • トヨタ シエンタ
  • カラーバリエーションも豊富なトヨタ シエンタ
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2015-2016
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2015-2016
今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの片岡英明氏はトヨタ『シエンタ』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「日本の道路で運転しやすく、駐車場などでの取り回し性も優れているジャストサイズのマルチパーパスカーである。絶妙なパッケージングで、キャビンは広く、快適性も高い。多彩なシートアレンジによってラゲッジルームの使い勝手もいいなど、優れた利便性を備えている。また、フロアが低く、乗り降りしやすいなど、子どもやお年寄りにも優しい。マルチに使えるのも魅力のひとつだ。高齢化社会を見据えた車イス仕様車の設定は高く評価できる。ハイブリッド車を主役の座に据え、実用燃費がいいなど、地球に優しいのもチャームポイントだ」。

全投票点数は下記の通り。
トヨタ『シエンタ』:10点
ホンダ『S660』:5点
マツダ『ロードスター』:5点
BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:4点
ジャガー『XE』:1点


片岡英明│モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集者を経てフリーのモータージャーナリストに。新車からクラシックカーまで、年代、ジャンルを問わず幅広く執筆を手掛け、EVや燃料電池自動車など、次世代の乗り物に関する造詣も深い。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

特集

page top