【カーオブザイヤー15 選考コメント】これこそが本来あるべき、クルマとドライバーの関係…岩貞るみこ | Push on! Mycar-life

【カーオブザイヤー15 選考コメント】これこそが本来あるべき、クルマとドライバーの関係…岩貞るみこ

自動車 ニュース

マツダ ロードスター
  • マツダ ロードスター
  • マツダ ロードスター
  • マツダ ロードスター
  • マツダ ロードスター
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2015-2016
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2015-2016
  • ホンダ S660
  • BMW 2シリーズ グランツアラー
今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリスト/作家の岩貞るみこ氏が10点を投じたのはマツダ『ロードスター』。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「ユーザーに愛され、ユーザーを想い、長きにわたり、愛と使命感によって成長してきたクルマ。作り手と乗る側が密接にかかわり、これこそが本来あるべき、クルマとドライバーの関係。完璧なドライビングポジション、動かしたときの高揚感、乗りやすく使いやすいサイズと排気量。日本の道を面白くしてくれる、今年の一台」。

全投票点数は下記の通り。
マツダ『ロードスター』:10点
ホンダ『S660』:7点
BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:6点
ジャガー『XE』:1点
フィアット『500X』:1点


岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

特集

page top