職業病? 出川哲朗、まさかのドッキリ無しで…「ザリガニ用意して」と苦情 | Push on! Mycar-life

職業病? 出川哲朗、まさかのドッキリ無しで…「ザリガニ用意して」と苦情

エンタメ エンタメ

出川哲朗/『ザ・ウォーク』CMナレーション収録
  • 出川哲朗/『ザ・ウォーク』CMナレーション収録
  • 出川哲朗/『ザ・ウォーク』CMナレーション収録
  • 出川哲朗/『ザ・ウォーク』CMナレーション収録
  • 出川哲朗/『ザ・ウォーク』CMナレーション収録
  • 出川哲朗/『ザ・ウォーク』CMナレーション収録
  • 出川哲朗/『ザ・ウォーク』CMナレーション収録
タレントの出川哲朗が12月7日(月)、都内でロバート・ゼメキス監督の最新作『ザ・ウォーク』のCMナレーション収録を行った。

フランス人のアーティスト、フィリップ・プティが1974年、当時世界一の高さを誇ったニューヨークのワールドトレードセンターのツインタワー間で、命綱なしの“綱渡り”に挑んだ実話を映画化。「ハンパじゃない臨場感。エネルギーをもらいましたし、アドレナリンがあがった」と出川さんも興奮しきりだった。

この日は、いまはなきワールドトレードセンターの高さ411メートルにちなんで、41.1センチの箱が用意され、その上でアフレコを行うことに…。しかし、日々ドッキリを仕掛けられている出川さんは“職業病”から、「これ、本当の箱?」と敏感に反応。恐る恐る箱に乗ると、出川さんの予想とは裏腹に何も起こらず、「主催者、何考えているの~? ボコッと(底が抜けて)落ちるとか、ザリガニとか用意してよお~」とクレームを入れ、リアクション芸人の本領を発揮した。

あえて危険な道を選び主人公・プティに対し、「僕を熱くさせてくれる男。挑戦する気持ちは一緒なので、ぜひ生きざまを見てほしい」と共感しきりの出川さん。自身も体当たりのチャレンジを何度となく経験しており、「首以外の骨は折ってますから。ぜひ映画の続編があるなら、日本を舞台に俺を主役にしてほしい」と猛アピールしていた。

『ザ・ウォーク』は2016年1月23日(土)より公開される。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top