バイクで友人の自転車を押し踏切へ…列車と衝突 | Push on! Mycar-life

バイクで友人の自転車を押し踏切へ…列車と衝突

自動車 ニュース

今年3月に兵庫県尼崎市内にあるJR福山線の踏切で発生した自転車と列車が関係する事故について、兵庫県警は3日、バイクで自転車を押して加速させ、踏切に突っ込ませたとして、16歳の少年を自動車運転死傷行為処罰法違反(無免許運転過失致死)容疑で逮捕した。

兵庫県警・少年捜査課と尼崎東署によると、問題の事故は2015年3月28日の午後5時ごろ発生している。尼崎市南清水付近にあるJR福知山線の踏切で、警報機や遮断機が作動した後に踏切内へ進入してきた自転車と、通過中の快速列車が衝突。自転車に乗っていた16歳の男子高校生が死亡した。

警察が周辺にある防犯カメラの映像を分析したところ、事故を起こした自転車と併走するバイクの存在を確認。死亡した高校生の交友関係を調べた結果、事故の直前まで中学時代の同級生と一緒に行動しており、バイクを運転していた16歳の少年がこのうちの1人だったことが判明し、任意で事情を聞いていた。

この結果、少年はバイクを運転中、死亡した高校生の乗る自転車のサドル軸を足で押しながら走行していたことがわかった。踏切の手前約40m地点で足を離したが、この時点で自転車は約50km/hまで加速しており、ブレーキが効かないまま踏切に突っ込んでいたことも判明している。

少年はバイクを無免許で運転していた。警察では少年に事故を起こそうという積極的な意志は無かったものの、事故を起こす可能性は予測できたと判断。無免許運転過失致死容疑で逮捕した。

聴取に対して少年は「止まれると思っていた。事故になるとは思っていなかった」などと供述しているようだ。警察では事故当時に居合わせた他の友人からも事情を聞き、事故に至った経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

特集

page top