バッテリー購入で最重要視するのは「メーカーの信頼性」…GfKジャパン調べ | Push on! Mycar-life

バッテリー購入で最重要視するのは「メーカーの信頼性」…GfKジャパン調べ

自動車 ニュース

一番最近バッテリーを交換したきっかけ
  • 一番最近バッテリーを交換したきっかけ
  • バッテリーの購入重視点
  • 現在使用しているバッテリーメーカーが分からない人
GfKジャパンは、全国の自動車保有者約1万3000名を対象に、バッテリーの購買に関するインターネット調査を実施。その調査結果を発表した。

直近におけるバッテリー交換のきっかけについては、「バッテリーがあがってしまったから」が26%で最多となった。以下、「定期点検で交換を勧められたから」が16%、「車検で交換を勧められたから」が15%だった。

また、バッテリーあがりの経験者は64%にのぼったが、その中でもバッテリーがあがった経験が多い人は繰り返しバッテリーをあげていることがわかった。一方、バッテリーあがりの経験がない人は、「定期点検で交換を勧められたから」がバッテリー交換の最も多いきっかけで、定期的なメンテナンスや交換でバッテリーの状態を保っていることが伺えた。

バッテリーがあがった際の対処方法としては、「知人の車にブースターケーブルをつなぐ」が40%強で最も多く、2位の「JAFのロードサービスを依頼する」の23%と大きく差がついた。

次に、バッテリー購入時に最も重視する点を尋ねたところ、50%強が「メーカーの信頼性」と回答。ただし、バッテリーの購入場所によって傾向が異なり、ホームセンターでの購入者の最多回答は「バッテリーの価格の安さ」となった。一方でインターネットでの購入者は、「メーカーの信頼性」を重視する傾向がみられた。

バッテリー購入時に最も重視されるのは、メーカーの信頼性だったが、現在使用しているバッテリーのメーカー認知率はそれほど高くない。バッテリーメーカーを「一つも知らない」と回答した人は17%にのぼり、女性に絞ると50%以上を占めた。
《纐纈敏也@DAYS》

特集

page top