【カーオブザイヤー15】大賞は ロードスター …マツダが2年連続の栄冠に輝く | Push on! Mycar-life

【カーオブザイヤー15】大賞は ロードスター …マツダが2年連続の栄冠に輝く

自動車 ニュース

日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2015-2016はマツダロードスターが受賞
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2015-2016はマツダロードスターが受賞
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2015-2016はマツダロードスターが受賞
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2015-2016はマツダロードスターが受賞
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2015-2016はマツダロードスターが受賞
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2015-2016
  • マツダ ロードスター
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2015-2016
  • ホンダ S660
12月7日、都内で日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2015-2016の最終選考会・開票式が行われ、マツダ『ロードスター』が今年最も優秀なクルマに選ばれた。

JCOTYでは45台のノミネート車の中から、一次選考で上位10台の「10ベストカー」を選出。その後、最終選考にて自動車評論家、ジャーナリスト、一般有識者からなる60名の日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員の投票により、大賞が決定する。

開票序盤から、マツダ ロードスターとホンダ『S660』のオープンスポーツカーによる一騎打ち。3分の1経過時点で、ロードスターが20票の差をつける。3分の2経過したところでは36点差に広がるが、まだS660も食らいつく。しかしながらロードスターが逃げ切り、大賞に決定。マツダ車は昨年の『デミオ』に次いで2年連続の栄冠を手にした。

ロードスターの受賞理由は以下の通り。

「明確なコンセプトを持ち、作り手の熱い情熱を感じさせるライトウエイトスポーツカーとして、 その出来映えの素晴らしさは誰もが認めるところである。さらに初代登場の1989年以来、26年にわたってドライビングの楽しさを追求し続け、真のクルマ文化を根付かせたいと努力してきたマツダの企業姿勢についても高く評価した」
《吉田 瑶子》

特集

page top