【メルセデスベンツ Aクラス 改良新型】ユーザーの意見を反映し実直に進化させた | Push on! Mycar-life

【メルセデスベンツ Aクラス 改良新型】ユーザーの意見を反映し実直に進化させた

自動車 ニュース

メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
メルセデスベンツ『Aクラス』はフェイスリフトに伴い、エンジン、トランスミッション、ステアリングなどの特性意を統合制御する“ダイナミックセレクト”(A180シリーズとA250 SPORT 4MATICに搭載)を採用した。

フェイスリフト前のAクラスでは、3つの走行モード(Eモード、Sモード、マニュアルシフト)であったが、今回はコンフォート、スポーツ、エコ、インディビジュアルの5つのモードとなった。このインディビジュアルは、例えば、エアコンの設定は弱く、ステアリングはスポーツ、走りはコンフォートとより自分の好みに合った設定が可能なモードだ。

安全性に関してメルセデス・ベンツ日本営業企画部商品企画2課廣澤臣哉さんによると、「アクティブパーキングアシストが、これまでの縦列駐車のみから、並列駐車も可能になった」という。また、アテンションアシスト(居眠り防止装置)も、「自分がどのくらい疲れているかを、運転操作に関しての70以上のパラメーターで検知しながら数値化。休憩の目安がわかる仕組みだ」と説明。

これら以外に、ナビの画面が1インチ大きくなり 8インチになったほか、内装も、シルバーの加飾を多く使うなどで、質感をアップさせた。廣澤さんは、「マイナーチェンジ前のAクラスが非常に好評だったので、そのユーザーの好みを維持しつつも、多くの意見をきちんと反映させたのが新型だ。いわば実直に進化させたということがその特徴といえるだろう」と語った。
《内田俊一》

特集

page top