唐沢寿明、杉原千畝に命を救われた女性との対面に喜び! | Push on! Mycar-life

唐沢寿明、杉原千畝に命を救われた女性との対面に喜び!

エンタメ エンタメ

チェリン・グラック監督、小雪、シルビア・スモーラー、唐沢寿明、小日向文世、塚本高史/『杉原千畝 スギハラチウネ』舞台挨拶
  • チェリン・グラック監督、小雪、シルビア・スモーラー、唐沢寿明、小日向文世、塚本高史/『杉原千畝 スギハラチウネ』舞台挨拶
  • 唐沢寿明/『杉原千畝 スギハラチウネ』舞台挨拶
  • 小雪/『杉原千畝 スギハラチウネ』舞台挨拶
  • 小日向文世/『杉原千畝 スギハラチウネ』舞台挨拶
  • 塚本高史/『杉原千畝 スギハラチウネ』舞台挨拶
  • チェリン・グラック監督、シルビア・スモーラー/『杉原千畝 スギハラチウネ』舞台挨拶
  • シルビア・スモーラー、唐沢寿明/『杉原千畝 スギハラチウネ』舞台挨拶
映画『杉原千畝 スギハラチウネ』が12月5日(土)に公開を迎え、主演の唐沢寿明をはじめ、共演の小雪、小日向文世、塚本高史、チェリン・グラック監督が都内で行われた舞台挨拶に登壇した。

多くのユダヤ人を救った“命のヴィザ”で知られる外交官・杉原千畝。危険な諜報戦にも身を投じる“インテリジェントオフィサー”としての彼の一面にも光を当て、これまで語られてなかった姿をも描き出す。

唐沢さんは初日を迎え「感無量です」としみじみ。実在の人物を演じる上で「杉原さんはヒントが少ない方で、『こういう人です』という情報も少なかった。奥様の著書では寡黙な方だけど、肉声を聞くと熱い一面もあったりして、誰も本当の杉原さんを知らないという点で苦労はありました」と振り返る。

そんな唐沢さんの現場での様子について小日向さんは「いつもは面白いことばかり言うのに、今回は寡黙でした」と語り、妻を演じた小雪さんも「寡黙で、こんな一面もあるんだ! と思いました」と驚きと共に明かす。

唐沢さんは、自身のことが話題になるのが照れくさいのか、共演陣のエピソードを暴露! 本作の中で“悪役”的な位置づけの塚本さんの銃撃シーンについて「普段は爽やかな青年なのに、銃を持つと目つきが変わって、いつ監督を撃つかって感じで『撃てっ! 撃てっ!』と朝まで叫んでました」と語り、小日向さんについては「5日間くらいの参加で、毎日『Tシャツ屋ない?』とリサーチして、最終日はお昼も食べずに(お土産用の)Tシャツを買いに行ってました」と明かす。小雪さんに関しても「小雪ちゃんはほぼ毎日、観光してました。こっちは毎日、死ぬ気で撮影してるのに…」と自身の過酷な撮影と比べて恨み節をもらした。

また、矛先はポーランド人の共演俳優にも向けられ「日本でもそういう俳優さん、たまにいるけど(死ぬシーンで)なかなか死なない人がいて『ここでひとこと言いたい』とか出たくてしょうがなくて、爪痕を残そうとして来る(苦笑)。『早く死ねよ!』と思ってた」などと毒づき、会場は笑いに包まれた。

また、この日はゲストとして、実際に杉原氏の発給したヴィザで命を救われた、“スギハラサバイバー”と云われる人々のひとり、シルビア・スモーラーさんがニューヨークから来日し、登壇した。スモーラーさんは唐沢さんの演技について「杉原さんの心を豊かに表現されていました」と絶賛! 唐沢さんは「ありがたいことです。こうしてお元気でいらっしゃることを本当によかったと思うし、杉原さんはすごい人だったんだなと改めて感じます」と感慨深げだった。

『杉原千畝 スギハラチウネ』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top