内野聖陽「心こそが主人公」 日本とトルコの友好描く『海難1890』封切りに感無量 | Push on! Mycar-life

内野聖陽「心こそが主人公」 日本とトルコの友好描く『海難1890』封切りに感無量

エンタメ エンタメ

内野聖陽/『海難1890』初日舞台挨拶
  • 内野聖陽/『海難1890』初日舞台挨拶
  • 忽那汐里、内野聖陽、ケナン・エジェ、夏川結衣/『海難1890』初日舞台挨拶
  • 忽那汐里/『海難1890』初日舞台挨拶
  • ケナン・エジェ/『海難1890』初日舞台挨拶
  • 夏川結衣/『海難1890』初日舞台挨拶
  • 内野聖陽/『海難1890』初日舞台挨拶
  • 忽那汐里/『海難1890』初日舞台挨拶
感動の実話を日本とトルコの合作で映画化した『海難1890』の初日舞台挨拶が12月5日(土)、都内で行われ、主演の内野聖陽、ケナン・エジェ、忽那汐里、夏川結衣、田中光敏監督が登壇した。

1890年に和歌山県沖で遭難したトルコ軍艦の乗組員を、当地の日本人が救助した「エルトゥールル号海難事故」と、その95年後にイラン・イラク戦争で緊張が高まるテヘランに取り残された邦人をトルコ機が救出した「イラン・テヘラン在留邦人救出劇」。両国の友好関係を築いた二つの事件を通して、一世紀の時空を超えた真心のバトンを描いた。

内野さんは乗組員の介抱に奮闘する医師役で主演し、「映画の原点にあるのは、当時の皆さんが差し出した真心。僕が主役として舞台に立っていますが、心こそが主人公だと思います」と本作の封切りに感無量の面持ち。「トルコの俳優さんが国の威信をかけて、作品に参加してくださり、こちらも武者震いした」と隣に立つケナン・エジェをたたえた。

そのケナン・エジェは、「二つの国の歴史や文化を知ってもらおうと、努力したつもり。気持ちが皆さんに届けばいいなと思います」とこちらも感激しきり。京都での撮影を経験し、「文化はもちろん、日本の皆さんの勤勉さ、そして私たちトルコ人俳優を暖かく迎え入れてくれたこと。一生忘れられない思い出になりました」としみじみ語った。

「合作は初めての経験。トルコでも公開されるので、うれしく思います」(忽那さん)、「国を超えて、たくさんの人の力が合わさり、映画が完成したことを喜んでいます」(夏川さん)と女優陣も、本作を生み出した両国の絆に感動した様子。10年越しの企画をついに実現させた田中監督は、「いまでも夢のような気持ち。友情の輪を広げながら、互いに切磋琢磨して完成させた自信作です!」と本作の“船出”に胸を高鳴らせていた。

『海難1890』は全国公開中。トルコでも12月下旬より、300館規模での上映が決定している。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top