S・スタローン、『クリード』で助演男優賞受賞!“味のある演技”に絶賛の嵐 | Push on! Mycar-life

S・スタローン、『クリード』で助演男優賞受賞!“味のある演技”に絶賛の嵐

エンタメ エンタメ

『ロッキー』 - (C) 1976 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.. All Rights Reserved
  • 『ロッキー』 - (C) 1976 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.. All Rights Reserved
  • 『クリード チャンプを継ぐ男』-(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『クリード チャンプを継ぐ男』-(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『クリード チャンプを継ぐ男』- (C)-(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『クリード チャンプを継ぐ男』- (C)-(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『クリード チャンプを継ぐ男』- (C)-(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
12月1日(現地時間)、 アカデミー賞の前哨戦の一つであるナショナル・ボード・オブ・レビュー賞が発表され、シルベスター・スタローンが名作『ロッキー』の新シリーズ『クリード チャンプを継ぐ男』において最優秀助演男優賞を受賞したことが明らかとなった。

愛する妻や仲間に先立たれ、孤独な日々を送るロッキーの前に突然現れた若者アドニス。彼はライバルであり、親友だった亡きアポロの息子だった。その純粋なまなざしとボクシングへの情熱に、アポロの面影を見たロッキーは、持てる技術のすべてを彼に託し、ともにチャンピオンへの道を歩き始める――。

11月25日に全米で封切られ、週末3日間(11/27~11/29)で興行収入約36億円(30,120,000ドル)を突破し、『ロッキー』シリーズ全6作品史上最大のオープニング新記録を樹立した本作。公開日から5日間(11/25~11/29)では、約51億円(42,600,000ドル)を突破し、シリーズNO.1の興行成績に向けて快進撃を続けている。

12月1日に行われたナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の発表では、スタローンは最優秀助演男優賞を受賞。「長年のキャリアでも、もっとも丁寧で味のある演技」(NY POST紙)「『ロッキー』以来最高の演技!」(Playboy誌)「スタローンが秀逸」(USA Today紙)「スタローンの思いがけない優しい演技は大きな勝利」(Star誌)「スタローンが文句なしにチャーミング」(Film Journal誌)など、各紙からは絶賛の声が上がり、すでにアカデミー賞最有力との呼び声も高まっている。

スタローンは本作での演技について「アドニスに出会い、ロッキーには突然、アポロを失った悲しみが再びこみ上げ、その死に対する責任を改めて感じる。彼はそのことをちゃんと向き合ったことが一度もなかったんだ。いま、彼はそれを思い出させられただけでなく、親友とそっくりなこの若者が自分をじっと見ている。しかもアドニスは危険な世界に入ることを望み、ロッキーに導いてほしいと言っている。ロッキーのほうはやりたくない。アポロの息子が傷つくことにまで責任を感じたくないんだ。だが、もし自分が引き受けなければ、ほかの誰かがやり、アドニスはほんとうに傷つくかもしれない。もしロッキーが全力を尽くせば、彼を守ることができるかもしれないし、何年も前の出来事の埋め合わせができるかもしれない」とコメントし、長年演じてきたロッキーが、アポロの息子に対峙したときの気持ちについて語っている。

第1作の『ロッキー』(1976年)は、アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀編集賞の三冠に輝いており、本作のノミネートが実現すればそれ以来の快挙となる。オスカーへの関心が高まる中、本作がどのような評価を得るのか、さらなる注目が集まりそうだ。

『クリード チャンプを継ぐ男』は、12月23日(水・祝)より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top