メリル・ストリープ、ロックスター役で実娘と共演!『幸せをつかむ歌』公開へ | Push on! Mycar-life

メリル・ストリープ、ロックスター役で実娘と共演!『幸せをつかむ歌』公開へ

エンタメ エンタメ

メリル・ストリープ母娘共演『幸せをつかむ歌』
  • メリル・ストリープ母娘共演『幸せをつかむ歌』
  • メリル・ストリープ母娘共演『幸せをつかむ歌』
  • メリル・ストリープ-(C)Getty Images
『イントゥ・ザ・ウッズ』で美声を披露し、アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞「助演女優賞」にノミネートされたメリル・ストリープ。その名女優が破天荒なロック・ミュージシャンを演じ、実娘のメイミー・ガマーと親子役で共演する『Ricki and the Flash』の邦題が『幸せをつかむ歌』に決定、2016年3月、日本公開されることが決まった。

本作は、ミュージシャンになるために家族を捨てて家を出た主人公・リッキー(メリル)が、娘(メイミー)の離婚をきっかけに、久しぶりに家に戻るところから始まる物語。ボロボロで自暴自棄に陥っていたときに帰ってきた大っ嫌いな母親。そして大っ嫌いな彼女の歌声…。それでも、私を孤独から救ってくれたのは、彼女の勇気と愛情と、魂の歌声だった――。

3つのオスカーはもちろん、数々の受賞歴をもつハリウッド随一の演技派女優メリルが、エレキギターを手に数々の名曲を生歌で披露するのも大きな見どころとなる本作。そんな夢を追い続けるロック・ミュージシャン、リッキーをメリルが熱演する一方、実の娘メイミー・ガマーが娘役で出演、微妙にすれ違う母と娘の関係をリアル、かつ繊細に演じきり、見事、母娘競演を果たしている。

監督は、『羊たちの沈黙』でアカデミー賞とベルリン国際映画祭で「監督賞」を受賞し、アン・ハサウェイと組んだ『ブルックリンの恋人たち』『レイチェルの結婚』でも知られるジョナサン・デミ。さらに、『JUNO/ジュノ』でアカデミー賞「脚本賞」を受賞したディアブロ・コディが、女性たちのリアルな感情を脚本に落とし込んでいる。

また、リッキーのバンド仲間にはグラミー賞受賞のロックミュージシャン、リック・スプリングフィールド、元夫役には『ワンダとダイヤと優しい奴ら』でアカデミー賞「助演男優賞」を受賞した名優ケビン・クライン、結婚を控えた息子役には『キャプテン・アメリカ』シリーズや『オデッセイ』のセバスチャン・スタンらが脇を固める。

自らギターを弾きながら魂を込めて歌い上げる芸達者ぶりのみならず、家族と離れ、夢を追いながらも、子どもたちを思う心は決して捨てないリッキーの複雑な内面を表現したメリルの演技に注目していて。

『幸せをつかむ歌』は2016年3月初旬、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top