トヨタ豊田社長「変わらない強み」…TQM50回記念大会 | Push on! Mycar-life

トヨタ豊田社長「変わらない強み」…TQM50回記念大会

自動車 ニュース

トヨタ自動車の豊田章男社長(参考画像)
  • トヨタ自動車の豊田章男社長(参考画像)
  • 第50回記念オールトヨタTQM大会
  • トヨタ自動車 豊田章男社長
トヨタ自動車の豊田章男社長は12月1日、名古屋市で開いた「第50回記念オールトヨタTQM大会」で記者団の取材に応じ、同大会を半世紀重ねるなど「変わらないことがわれわれの強み」と語った。

毎年開催しているTQM(トータル・クオリティ・マネジメント)大会は、1966年に「オールトヨタ品質管理大会」として始まり、95年から現在の名称となっている。今回は約300社のグループや取引先企業から約4300人が参加し、112件の改善事例を発表した。

豊田社長は「50年も経てば世の中は変わる。企業も変えなければならないこともあるが、変えてはいけないこともある」としたうえで、TQMの基本である「われわれの品質や改善のための真因追求、活発なディスカッションなどは変わらない。そこが強み」と語った。

同時に「世の中が変わって行くので、新たな課題が出てくる。ナゼを重ねる真因の追求には終わりがない」と指摘。「(TQM活動で)ベターを求める企業集団として終わりのないチャレンジをしていきたい」と強調した。
《池原照雄》

特集

page top