星野源、野村周平&賀来賢人のW主演作『森山中教習所』に主題歌書き下ろし | Push on! Mycar-life

星野源、野村周平&賀来賢人のW主演作『森山中教習所』に主題歌書き下ろし

エンタメ エンタメ

主題歌を担当する星野源『森山中教習所』 (C)真造圭伍/小学館
  • 主題歌を担当する星野源『森山中教習所』 (C)真造圭伍/小学館
  • 野村周平×賀来賢人/『森山中教習所』 (C)真造圭伍/小学館
  • 野村周平
  • 賀来賢人
大みそかの紅白歌合戦に初出場が決定し、現在はTBS金曜ドラマ「コウノドリ」に出演するなど、多才ぶりを発揮する星野源が、野村周平&賀来賢人という若手人気俳優のW主演で贈る映画『森山中教習所』に、書き下ろしの主題歌「Friend Ship」を提供することが判明。星野さん始め、主演の野村さん、賀来さんらから喜びのコメントが到着した。

夏の終わり。普通の大学生・清高(野村周平)と、ヤクザの組員・轟木(賀来賢人)はひょんなことから、同じ“非公認”の森山中教習所に通うことになる。2人は、実は高校の同級生でもあった。教官・サキ(麻生久美子)はバツイチ子持ち、ほかの教習生はいわくつきの人たちばかり。何だかへんてこな教習所で、清高は教官に恋心を抱き始めるが、ちょっと甘酸っぱいひと夏は、そのままでは終わるはずがなかった…。

本作は、2015年、大活躍を見せた野村さんと賀来さんという“最旬”の2人が山の中の教習所で再会し、おかしくてヘンテコで、愛すべきひと夏を送る青春エンタテインメント。

そんな注目作の主題歌を担当することになったのが、2000年に自身のバンド「SAKEROCK」を結成し、音楽活動を続ける傍ら、俳優としても園子温監督の『地獄でなぜ悪い』や夏帆共演の『箱入り息子の恋』などに出演し、さらに作家としても幾多の書籍を発売するなど、音楽家、俳優、文筆家として幅広く活躍する星野さん。

紅白歌合戦に初出場を果たし、2016年1月から全国ライブツアーをスタートさせるなど、音楽家としての再始動も本格化する星野さんは、12月2日(水)には4枚目のアルバム「YELLOW DANCER」をリリース。大ヒット中の「SUN」を始め、「地獄でなぜ悪い」「Crazy Crazy」「桜の森」などのシングル表題曲、資生堂マキアージュWEBムービー「Snow Beauty」主題歌「Snow Men」、「めざましどようび」テーマソング「Week End」などのタイアップ楽曲、弾き語り曲など14曲を収録した中に、本作の主題歌「Friend Ship」が収録されている。

高校の同級生でありながら性格や生き方が対照的な、野村さん、賀来さん演じる主人公2人をイメージして作られたという楽曲を、楽しみにしていて。

<以下、コメント>
■星野源
フレンドシップ。友情と愛情の、うまく言葉にできない部分を音楽にしたいと思いました。切ないダンスミュージックが完成しました。劇場で、映画の一部となって聴ける日をいまから楽しみにしています。

■野村周平(清高役)
明るい曲調なのに胸に刺さる歌詞で色んな人に会いたくなる曲だと思いました。曲調もテンポがすごく心地よく、すごく好きです。映画「森山中教習所」にぴったりで、素敵な曲をつくってくださり、すごくうれしいです。

■賀来賢人(轟木役)
本当に素敵な曲です。聞かせていただいて、劇中の清高と轟木の関係性と、自分の懐かしい青春時代の思い出とがリンクしました。この曲が劇中で流れると思うと本当に心強いですし、同じ作品に関われたことを嬉しく思います。

■豊島圭介 (監督)
軽やかなのにハートにズシっと刺さる剛速球みたいな曲でした。「もう二度と会わないけど、忘れられない友達っているよね」という物語のテーマを、絶妙のポップさと切なさで曲にできる星野源さんって天才です。

■真造圭伍 (原作者)
星野源さんの「くせのうた」がとても好きで、いつか映画化とかしたら星野さんがいいなと思っていたので嬉しいです。「Friend ship」も映画の内容にあった明るく切ない楽曲なので是非劇場で聴いてほしいです!

『森山中教習所』は2016年夏、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top