河北麻友子、三代目・白鳥麗子に!「“おーほほほほほほ!”準備してる」 | Push on! Mycar-life

河北麻友子、三代目・白鳥麗子に!「“おーほほほほほほ!”準備してる」

エンタメ エンタメ

河北麻友子-(C)鈴木由美子/講談社-(C)2016「白鳥麗子でございます!」製作委員会
  • 河北麻友子-(C)鈴木由美子/講談社-(C)2016「白鳥麗子でございます!」製作委員会
  • 「BOYS AND MEN」(水野勝、田村侑久、辻本達規、田中俊介、吉原雅斗、小林豊)
  • 原作イラスト-(C)鈴木由美子/講談社
これまで2度にわたりドラマ化&映画化された鈴木由美子原作の大人気コミック「白鳥麗子でございます!」が、約20年ぶりに実写テレビドラマ化&映画化されることが決定。主人公にして世界のお嬢様・白鳥麗子に、生粋のニューヨーク育ち、“リアル”お嬢様女優NO.1の呼び名も高い河北麻友子が抜擢された。

自他ともに認める究極のお嬢様、世界の白鳥麗子。高飛車な態度だが実は超奥手で世間知らずの19歳。そんな麗子は幼少期より秋本哲也に想いを寄せていたが、いつもエベレスト級のプライドが邪魔をして素直にその恋心を伝えられずにいた。やがて大学生となった哲也を追いかけて上京した麗子だったが、彼女のユニーク過ぎる感性に哲也はいつも振り回されっぱなし。そんな2人の前に、哲也の元カノ、可愛い女子高生、麗子に一目ぼれした大金持ちの御曹司、麗子のライバル・かきつばたあやめなど個性的な面々が現れ、波乱万丈な生活が訪れる。果たして麗子と哲也は真の愛にたどり着くことができるのだろうか!?

原作は累計発行部数1,700万部の鈴木氏・著の同名大人気コミック。主人公・麗子の「おーほほほほほほ!」という高笑いの記憶と共に、漫画史に燦然と輝く名作だ。過去、1989年、1993年と2度ドラマ化され、1995年には映画化。鈴木保奈美、松雪泰子ら実力派女優が主演を務め、この度、三代目・白鳥麗子に河北さんが配役された。

河北さんは、生粋のニューヨーク育ちで“リアル”お嬢様。その愛すべきキャラクターで昼情報番組「ヒルナンデス!」「世界の果てまでイッテQ!」などバラエティにも引っ張りだこの彼女は、雑誌「ViVi」で専属モデルを務め、桐谷美玲主演「アンダーウェア」や大河ドラマ「八重の桜」に出演し、女優業もこなすなどマルチに活躍している。

河北さんは出演のオファーを聞いて「とにかく嬉しかったです。白鳥麗子の代名詞である“おーほほほほほほ!”をいろんなパターンで準備しているんですよ。色々な心境によって使い分けられたらいいなーと思っています!」と喜びのコメント。さらに「現場では、白鳥麗子を素直に演じたいな、その中でピュアな麗子が見えたらいいなーと思っています! 私らしい新たな白鳥麗子を見ていただいて、さらに『白鳥麗子でございます!』を好きになっていただけるように一生懸命頑張りますので、応援宜しくお願い致します!」と、彼女らしい元気ハツラツな意気込みを寄せた。

そして、河北さんの相手役には、東海エリアの新しい「顔」として精力的に活動中の「BOYS AND MEN」通称・ボイメンのメンバーが決定! 白鳥麗子が想いを寄せる秋本哲也役はボイメンのリーダー・水野勝が好演。そのほか、田村侑久、辻本達規、田中俊介、吉原雅斗も出演。加えて映画版にはボイメンの小林豊も出演予定。「BOYS AND MEN」は本作の主題歌・エンディングテーマも担当するとのことなので、演技で、楽曲で本作を盛り上げる彼らの活躍ぶりにも期待が高まる。

河北さんと人気急上昇中の「BOYS AND MEN」が織りなす珠玉のラブコメディの放送を楽しみに待ちたい。

ドラマ「白鳥麗子でございます!」は2016年1月よりtvkほか全国にて放送。

映画『白鳥麗子でございます!』は2016年公開予定。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top