“字幕派”も必見!? 人気子役や松坂桃李ら豪華キャストの日本語吹き替え続々 | Push on! Mycar-life

“字幕派”も必見!? 人気子役や松坂桃李ら豪華キャストの日本語吹き替え続々

エンタメ エンタメ

『パディントン』 -(C) 2014 STUDIOCANAL S.A.  TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear (TM),Paddington(TM) AND PB(TM) are trademarks of Paddington and Company Limited
  • 『パディントン』 -(C) 2014 STUDIOCANAL S.A.  TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear (TM),Paddington(TM) AND PB(TM) are trademarks of Paddington and Company Limited
  • 『パディントン』 (C)2014 STUDIOCANAL S.A.  TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear, Paddington AND PB are trademarks of Paddington and Company Limited
  • 『リトルプリンス 星の王子さまと私』 (c)2015 LPPTV ― LITTLE PRINCESS ― ON ENT ― ORANGE STUDIO ― M6 FILMS ― LUCKY RED
  • 『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』- (C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
  • 『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.(C) 2014 Peanuts Worldwide LLC
  • 成宮寛貴&水川あさみ/『PAN』日本語版声優
  • 『パディントン』 -(C) 2014 STUDIOCANAL S.A.  TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear (TM),Paddington(TM) AND PB(TM) are trademarks of Paddington and Company Limited
  • 『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』 (C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
『ハリー・ポッター』シリーズのワーナー・ブラザーズが手掛けた、「ピーターパン」の物語の始まりを描く『PAN~ネバーランド、夢のはじまり~』。壮大で幻想的なネバーランドの世界を映し出し、少年・ピーターの成長譚として話題を呼んでいる本作を始め、この秋冬は、不朽の名作の“その先”を描いた『リトルプリンス 星の王子さまと私』、あの「ピーナッツ」の世界が3Dになった『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』、さらにロングセラー児童小説の実写映画化『パディントン』と、大人も子どもも親しめるファンタジー作品が続々と登場する。

その日本語吹き替え版には、演技力もお墨付きの人気子役を始め、松坂桃李や伊勢谷友介、竹野内豊など、“ふだん洋画は字幕のほうが多いかも…”という人も見逃せないくらいの豪華キャストが集結し、有名シンガーたちがこぞって楽曲を提供しているのだ。

まず、『PAN』では、アンジェリーナ・ジョリー監督作『不屈の男 アンブロークン』にも出演するイケメン俳優ギャレッド・ヘドランドが若き日のフック船長を、ケイト・ブランシェット共演の話題作『キャロル』のルーニー・マーラが部族の娘タイガー・リリーを演じ、美男美女のロマンスも注目を浴びているが、その日本語吹き替え版を務めているのが、成宮寛貴と水川あさみというやはり“麗しい”俳優コンビ。

本作では、デビュー35周年を迎える松田聖子が、作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂(松任谷由実)、編曲:松任谷正隆という数々のヒット曲を生み出してきた制作陣と組み、日本語吹替版の主題歌「永遠のもっと果てまで」を担当。ネバーランドで繰り広げられる愛と冒険の物語を優しく彩っている。

また、11月21日(土)より公開中のアニメ『リトルプリンス 星の王子さまと私』では、主人公の9歳の“女の子”をドラマやCMなどでも活躍する人気子役の鈴木梨央、その“お母さん”役を2児の母でもある瀬戸朝香、“飛行士”役を大ベテランの津川雅彦が務め、絶妙な化学反応を見せている。

一方、飛行士が女の子に伝える「星の王子さま」の物語に登場するキャラクターとして、作品を象徴するセリフ「大切なものは、目には見えない」と語るキツネを演じるのは伊勢谷友介、王子が想いを寄せるバラに滝川クリステル、また、王子に怪しげに語りかけるヘビには竹野内豊、人から拍手で称賛されることに生きがいを感じる“うぬぼれ男”にはビビる大木と、錚々たる面々が登場。松任谷由実による繊細な歌詞とメロディの主題歌「気づかず過ぎた初恋」が温かな余韻を与えてくれる。

さらに、誰もが知る名作の主人公・星の王子の、感情豊かな純粋さとどこか寂しげな様子を見事に表現して見せたのが、竹野内さん主演映画『at Homeアットホーム』や舞台「エリザベート」などに抜擢され、早くも“大物の片鱗”を感じさせる池田優斗。同じ10歳の梨央ちゃんとともに、声でも名演を見せている。

子役といえば、『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』(12月4日公開)にも、日本を代表する名子役たちが勢ぞろい。公開される世界各国でも吹き替え声優は子役オンリーというだけに、チャーリー・ブラウン役を鈴木福、彼の初恋の相手“赤毛の女の子”には芦田愛菜と、ドラマ「マルモのおきて」やCMなどで共演してきた“ゴールデンコンビ”に加え、チャーリー・ブラウンのしっかり者の妹・サリーには小林星蘭、“ピーナッツ”仲間の意地悪な女の子・ルーシーには谷花音が扮しており、楽しいスヌーピーの世界が子役オールスターたちによって表現されている。

特に、福くんのちょっと舌っ足らずで力の抜けた感じがチャーリー・ブラウンのキャラにぴったり。また、少し大人っぽくなった愛菜ちゃんも、チャーリー・ブラウンが片想いする転校生という役柄で、息の合ったところを見せている。本作のエンディングソングを担当するのは、絢香。「みんな、だれかのだいじ」という本作のメッセージそのままに、そっと心に寄り添う「A Song For You」を書き下ろしている。

そして、ドラマ「サイレーン」や『劇場版MOZU』など、いま乗りに乗ってる松坂桃李が、なんとクマの声に扮するのが『パディントン』(2016年1月15日公開)。それもただのクマではなく、ペルーのジャングルから“家”を探してロンドン・パディントン駅にやってきた小さな“紳士のクマ”。英語版では『007 スペクター』の“Q”役で知られるベン・ウィショーがその声を務めているが、松坂さんは本作が洋画吹き替え初挑戦。人間の暮らしになかなか慣れず、おっちょこちょいでチャーミングな一面がありつつも“映画史上もっとも紳士なクマ”だけに、礼儀正しく爽やかなイメージの松坂さんはハマリ役といえそう。

また先日、ニコール・キッドマン演じるパディントンを狙う謎の美女・ミリセント役に木村佳乃、パディントンを迎え入れる親切なブラウン一家に古田新太、斉藤由貴、三戸なつめと個性豊かなキャストが発表され、ますます楽しみに。なお、イメージソングにはAIの名曲「ハピネス」が決定。寒い冬でも心がほっこり、優しく温かくなる本作の世界観にマッチしそうだ。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top