【大学受験2016】河合塾、私大の初年度の納入金掲載…1千万超えも | Push on! Mycar-life

【大学受験2016】河合塾、私大の初年度の納入金掲載…1千万超えも

教育 教育

大学入試情報サイト「Kei-Net」
  • 大学入試情報サイト「Kei-Net」
  • 「私立大学・短期大学・大学校 初年度納付金一覧」一部
  • 慶應義塾大学 一部 「私立大学・短期大学・大学校 初年度納付金一覧」
  • 早稲田大学 一部 「私立大学・短期大学・大学校 初年度納付金一覧」
  • Kei-Net 2016年度入試情報
 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」は11月27日、2016年度入試情報に「私立大学・短期大学・大学校 初年度納付金一覧」を掲載した。大学の学部ごとに、入学金、授業料(1年分)、施設費などの初年度納入額を一覧にまとめている。

 初年度納付金の一覧は、学生募集要項等で判明したものをもとに作成。原則2016年度入学生の納付金だが、参考として前年入学生の納付金のみを交付している大学については、その数値を使用している。入学金、授業料(1年分)、施設費・教育充実費・研究資材費等、実習費などを項目別に分けているほか、初年度納入額、1年次前期納入額を掲載。備考欄には、教科書代や資格取得を希望する場合の履修費などが記されている。

 たとえば、早稲田大学の入学金はいずれの学部も20万円。授業料(1年分)は、国際教養学部の117万3,000円、教育学部(理・数学)や基幹理工学部などの114万2,000円から、法学部の78万2,000円まであり、学部学科によって異なる。初年度納入額は、123万7,620円から178万5,000円となっている。

 医歯薬学系は、そのほかの学系に比べ、初年度納入額が高額な傾向にある。川崎医科大学医学部の初年度納入額は1,201万5,000円、金沢医科大学は1,100万円、岩手医科大学医学部は1,023万6,000円と、医学部はその中でも特に高額といえる。ただし、慶應義塾大学医学部の初年度納入額は379万3,350円となっており、大学間による金額の差は大きい。

 なお、公立大学への移行を計画している山口東京理科大学に関しては、2016年4月に公立大学に移行した場合、入学金・授業料は公立大学としての納付額に変更されるという。

 Kei-Netでは、私立大学・短期大学の受験料一覧、給費生・特待生・奨学生入試の実施大学情報のほか、2016年度入試情報として、入試動向分析や入試難易予想ランキング表なども掲載している。
《黄金崎綾乃》

特集

page top