【予告編】リリー・フランキー「美しさと醜さのファンタジー」『シェル・コレクター』解禁 | Push on! Mycar-life

【予告編】リリー・フランキー「美しさと醜さのファンタジー」『シェル・コレクター』解禁

エンタメ エンタメ

『シェル・コレクター』本ポスタービジュアル (c)2016 Shell Collector LLC(USA) 『シェル・コレクター』製作委員会
  • 『シェル・コレクター』本ポスタービジュアル (c)2016 Shell Collector LLC(USA) 『シェル・コレクター』製作委員会
  • リリー・フランキー/日米合作映画『シェル・コレクター』
  • 寺島しのぶ/日米合作映画『シェル・コレクター』
  • 池松壮亮/日米合作映画『シェル・コレクター』
  • 橋本愛/日米合作映画『シェル・コレクター』
  • 『シェル・コレクター』(c)2016 Shell Collector LLC(USA) 『シェル・コレクター』製作委員会
俳優としても高い評価を受けるリリー・フランキーが、盲目の貝類学者役で15年ぶりの単独主演を務める『シェル・コレクター』。寺島しのぶ、池松壮亮、橋本愛など豪華キャストの出演で話題を集める本作の、美しくも妖しい魅力あふれる予告映像と、リリーさんのコメントが到着した。

貝の美しさと謎に魅了され、その世界で名を成した盲目の学者(リリー・フランキー)。妻子と離れ、ひっそりと彼が暮らす沖縄の孤島に、一人の女性・いづみ(寺島しのぶ)が流れ着く。彼女が患っていた奇病を偶然にも貝の毒で治療したことから、それを知った人々が続々と島に押し寄せるようになり、彼の静かな生活は一変。その中には自らの息子・光(池松壮亮)や、同じく奇病を患う娘・嶌子(橋本愛)を助けようとする地元の有力者・弓場の姿もあって…。

アメリカの作家アンソニー・ドーアの処女短編集で、「O・ヘンリー賞」を始めとする多くの賞を受賞した「シェル・コレクター/貝を集める人」を原作に、舞台を沖縄に移して新たに生まれ変わった本作。メガホンを取ったのは、デビュー作『美代子阿佐ヶ谷気分』が各国の映画祭で絶賛された坪田義史監督だ。


このたび解禁された予告編は、美しい沖縄の自然を背景に映し出しながらも、どこか不穏な空気を纏った、不思議な魅力あふれる映像となっている。心を閉ざした盲目の学者、島に突然現れた女、謎の奇病…。日々を淡々と送っていた主人公が人々の欲望に巻き込まれていく様子や独特の世界観には、恐ろしさすら感じ、つい引き込まれてしまう。

『そして父になる』『凶悪』などの出演により、俳優としても確固たる地位を確立したリリーさんは「15年ぶりの単独主演作は、またしてもカルト映画になりました。坪田監督は独特の感覚を持っている人。『シェル・コレクター』のような作品は今の日本映画界において貴重です。いろんな意味で稀な映画。美しさと醜さのファンタジーをお楽しみください」と語り、唯一無二の“坪田ワールド”作品への自信をのぞかせている。

『シェル・コレクター』は2016年2月よりテアトル新宿、桜坂劇場(沖縄)ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top