『亜人』第2部、2016年5月公開! 『亜人 -衝突-』福山潤が出演 | Push on! Mycar-life

『亜人』第2部、2016年5月公開! 『亜人 -衝突-』福山潤が出演

エンタメ エンタメ

『亜人 -衝動-』初日舞台挨拶 (C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
  • 『亜人 -衝動-』初日舞台挨拶 (C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
  • 『亜人 -衝動-』初日舞台挨拶 (C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
  • 『亜人 -衝突-』(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
  • 『亜人 -衝突-』(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
  • 『亜人 -衝突-』(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
  • 『亜人 -衝突-』(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
  • 『亜人 -衝突-』(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
  • 『亜人 -衝突-』(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
不死の新人類“亜人”のサバイバルを描いた人気漫画を3部作で劇場アニメ化した第1部『亜人 -衝動-』が11月27日(金)、全国30館で封切り。同日、第2部『亜人 -衝突-』が2016年5月に公開されることが明らかに。中野攻(CV:福山潤)の登場も発表された。

何度死んでも即蘇生する“亜人”の国内3例目だと判明した高校生の永井圭が、警察や賞金稼ぎ、亜人管理委員会なるナゾの組織に追われながら、生きるための戦いに身を投じる。原作は、講談社「good!アフタヌーン」にて連載中の桜井画門・著の大ヒットコミック。この日は東京・TOHOシネマズ新宿で初日舞台挨拶が行われ、宮野真守(永井圭役)、小松未可子(下村泉役)、瀬下寛之総監督、安藤裕章監督が登壇した。

「何度も死ぬのはツライです。いままで味わったことのない感情でした」と“亜人”の気持ちを代弁した宮野さん。「合理的で自分の利益ばかり考える人物なので、クズと呼ばれることも多々あります(笑)。でも、実はそれが人間らしいと思うし、より良く生きようとする姿には共感してしまう部分も。とても珍しいヒーロー像だと思う」と役柄への思いを語った。

第2部に登場する中野攻は“帽子の男”の呼びかけに応えて、厚生労働省前に現れた少年。頭脳派の圭に対して、肉体派であり、瞬発力や行動力に優れているが、策略をめぐらせるタイプの敵には弱いという設定だ。瀬下総監督は「圭くんとは真逆で、考えるより即行動するキャラクター。二人の掛け合いが魅力になるはず」と第2部の見どころを語っていた。

福山潤さんコメント:原作の一読者だった頃、「佐藤さん」の声を(大塚)芳忠さんで脳内変換して読んでいました。自分のオーディション結果を聞いてすぐに「佐藤さん」は!? と気になって仕方がありませんでした(笑)。収録も素晴らしいメンバーとともに緊張感あふれる心地よい現場に全力で臨めました。

12月5日(土)にはTOHOシネマズ日本橋で宮野さん、小松さん、福山さん登壇による『亜人 -衝動-』大ヒット御礼舞台挨拶の開催が決定している。

『亜人 -衝動-』はTOHOシネマズ新宿ほかにて2週間限定上映中。第2部『亜人 -衝突-』は2016年5月公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top