カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! Dodge Ram Van(オーナー・三井貴将さん) by lc sound factory 前編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! Dodge Ram Van(オーナー・三井貴将さん) by lc sound factory 前編

カーオーディオ 特集記事

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! Dodge Ram Van(オーナー・三井貴将さん) by lc sound factory 前編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! Dodge Ram Van(オーナー・三井貴将さん) by lc sound factory 前編
  • ラゲッジは中央部分をそのままフロアとして残し、両サイドにウーファーボックスやアンプラックなどを作りつける構造
  • 右のサイドウォールには12インチのウーファーをシールドボックスで組まれる。サブウーファー用のパワーアンプもセットされる。
  • 左のサイドウォールには右と左右対称なデザインで組まれたウーファーボックスをセット。タイヤハウスを避ける巧みな造形だ。
  • 右サイドウォールにはロックフォードのP1000-1bdをインストール。壁面から浮かせてインストールしLEDを使って浮かび上がらせる。
  • ラゲッジの両サイドにはロックフォードのP3SD2-12をそれぞれインストール。ボックスは十分な容量で余裕の低音を響かせる。
  • 後席の家族にも快適なサウンドを楽しめるようにと、高い位置にリアスピーカーをインストール。遮蔽物もなく高音質を届ける。
  • 天井にはサーフボードを模したシーリングライトを設置。アクリルやLEDを駆使したデザイン性も優れている。
カスタム・オーディオマシンの製作コンセプトには個性が色濃く反映される。今回紹介する栃木県のlc sound factoryが製作したダッジラムは、サーフィンへのトランポ仕様を進化させる形でカスタムが進められた。USイメージの各部のフィニッシュに注目。

◆サーフィンのトランポとして
機能性を兼ね備えたカスタムを目指す

サーフィンのトランポ仕様をカスタムすることを思い立ったオーナー。もちろんサーフボードをラゲッジに積載することを優先したカスタムスタイルを作り上げることになった。普段使いにも考慮して後席も3列目までをしっかり使い切れる仕様にしているのも特徴。ファミリーカーとしても利用するこのクルマは、家族全員が心地よく楽しめるパッケージにすることも大きなテーマとなった。

またナビの内蔵アンプを積極的に活用するなど、コストを抑えつつ心地よく迫力のサウンドを鳴らし切ることを目標にしたのもこのクルマの特徴。アンプ&スピーカー群にはロックフォードのユニットをチョイスして大好きなロックやR&Bをパワフルに再現し、アメリカンサウンドを体現するクルマを完成させた。

◆ラゲッジスペースをスポイルすることない
両サイドウォールを使ったカスタムが見どころ

見どころとなるのはラゲッジだ。リアゲートを開けると両サイドに振り分けられたオーディオボードが現れる。タイヤハウス後方のスペースを使って巧みに作りつけられているのはロックフォードのP3・12インチを使ったウーファーボックス。シールドで組まれたボックスはウォールにピタリと添う形状なのでサーフボードの積載を想定するラゲッジ中央にしっかりスペースを確保している。

右サイドのウォール面にはサブウーファー用のパワーアンプとしてロックフォードのP1000-1bdをインストール。フローティング構造+LEDを使って立体的なインストールデザインを作り上げた。周囲を彩るオレンジのレザーとのコントラストも美しい。

クォーターパネルにはリアスピーカーとしてロックフォードのコアキシャルスピーカーをインストールしているのは、後席の家族にも心地よいサウンドを堪能してもらうため。これもファミリーを大切にするオーナーならではの気配りなのだ。

◆ブラック×オレンジのインテリアは
すみずみにまで独自のアイデアが込められる

インテリアのカスタムスタルはブラックとオレンジをツートーンで使い分ける。レザーと人工スエードをコンビで使った素材による変化を加えることでもインテリアを上質に彩っている。サイドウォールやバックドア、シートなどにも統一した色づかいを施し、インテリアのトータルコーディネートをパーフェクトに仕上げる。

各部に施されている造形の中でも、大注目なのは天井にセットされたライティングボードだ。LEDによる間接照明を効果的に使ったインパクト大のアイテムだ。しかも形状をよく見ると大好きなサーフボードの形状をモチーフにしているのがわかる、さらに家族の名前を書き込むのも、こだわりのカスタムポイントだ。

後編ではナビまわりの造形やフロントスピーカーのインストールなどに工夫を込めた自慢のフロントまわりに注目、USスタイルの全貌を明らかにする車両紹介を実施するのでこうご期待。
《土田康弘》

特集

page top