ウィル・スミス、近い将来の政界進出に意欲を見せる | Push on! Mycar-life

ウィル・スミス、近い将来の政界進出に意欲を見せる

エンタメ エンタメ

ウィル・スミス-(C)Getty Images
  • ウィル・スミス-(C)Getty Images
  • ウィル・スミス -(C) Getty Images
  • ウィル・スミス-(C)Getty Images
ウィル・スミスが25日(現地時間)、「Hollywood Reporter」誌のポッドキャストに出演し、近い将来に政界への進出を考えていることを明らかにした。

ウィルは「僕は仕事熱心だ。物語を語る能力や身体や声を使った表現力、俳優としてアイディアを伝える能力が高めている」と語り、「政治情勢を見ていると、そこに僕の未来があるんじゃないかと思っている。彼らは僕を必要としているのかもしれない」と意欲を見せた。

「今年は、眠れないほど腹が立った初めての年なんだ。だから、近い将来のある時点になったら、これまでとは違う方法で、自分の声を上げて会話に加わらなければならないと思っている」と言うウィル。「僕はクライマーなんだ。山を見たら、登らずにはいられない。キャンパーじゃないから、同じ場所に長く居続けるのは好きじゃない。だから、自分の能力が世界の役に立つよう、高めようとしているんだ」と語っている。
《text:Yuki Tominaga》

特集

page top