【メルセデスベンツ Aクラス 改良新型】上野社長「私達の“将来の種”になるモデル」 | Push on! Mycar-life

【メルセデスベンツ Aクラス 改良新型】上野社長「私達の“将来の種”になるモデル」

自動車 ニュース

メルセデスベンツ Aクラス 発表会
  • メルセデスベンツ Aクラス 発表会
  • メルセデスベンツ Aクラス 発表会
  • メルセデスベンツ Aクラス 発表会
  • メルセデスベンツ Aクラス 発表会
  • メルセデスベンツ Aクラス 発表会
  • メルセデスベンツ Aクラス 発表会
  • メルセデスベンツ Aクラス 発表会
  • メルセデスベンツ Aクラス 発表会
メルセデス・ベンツ日本は11月26日、一部改良した『Aクラス』を発売した。メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は同日、都内で開いた発表会で「Aクラスの比重をもっと大きくしていきたい」とした上で、「絶対的にAクラスには力を入れていたい」と述べた。

上野社長は「コンパクトカ―の中でもAクラスの比重をもっと大きくしていきたいと思っている。Aクラスで始まったお客様がすでにBクラスまたは他のクラスにアップグレードしていることが実状としてある。一番お求めやすい価格帯から入って頂いて、私どものラインアップの中での横移動や、上のクラスに上がって頂きたい。そういう意味では私達の将来の種になるので、絶対的にAクラスには力を入れていたい」と強調した。

また上野社長はディーゼルエンジンについて「このモデルでは導入する予定はない。すでに日本ではAクラスだけでも3種類のエンジンを持っている上、現時点でガソリンのエンジンでうまくいっている。メルセデス・ベンツ日本としてはSUVなど車重が重いモデルにディーゼルエンジンを設定することで効率を出すという戦略がある。先日はCクラスにも導入して少し底辺を広げてはいるが、Aクラスにはディーゼルを入れる予定はない」と説明。

さらに「ディーゼルを日本用に開発するのであれば、台数比重を高めなければいけなくなる。やはりエントリークラスと中級クラス、さらにAMGという3種類のガソリンエンジンを持っていて、これにディーゼルを加えても、多分、うまく回らないだろう。現在のガソリンエンジンは性能も燃費も格段に上がっているので、あえてディーゼルを追加する必要はないと考えている」と話した。
《小松哲也》

特集

page top