【リコール】マツダ デミオ など延べ13万8000台、燃料フィルターなどに不具合 | Push on! Mycar-life

【リコール】マツダ デミオ など延べ13万8000台、燃料フィルターなどに不具合

自動車 ニュース

マツダ デミオ
  • マツダ デミオ
  • マツダ CX-3
  • 改善箇所(燃料フィルター)
  • 改善箇所 (エンジン補機ベルト)
マツダは11月26日、『デミオ』などの燃料フィルターおよびエンジン補機ベルトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『デミオ』『CX-3』の2車種で、燃料フィルターの不具合は2014年8月5日~2015年10月16日に製造された7万4350台。エンジン補機ベルトは2014年8月5日~2015年7月28日に製造された6万3768台。

燃料フィルターについては、ドレンプラグ取付部の平面が確保できていないため、製造時に過大なトルクでドレンプラグを締め付けた場合に、ガスケットが変形もしくは圧縮割れが発生するものがある。そのため、そのまま使用を続けたり、定期点検時にドレンプラグを緩め、再締め付け作業を行うと、燃料が漏れるおそれがある。

対策品の準備に時間を要することから、対策品の供給ができ来るまでの暫定措置として、全車両、燃料フィルターを点検し、燃料が漏れている場合または、燃料フィルターの定期点検時期に該当する場合は、燃料フィルターを新品に交換する。なお、準備が整い次第、再度入庫の通知を行うとともに、燃料フィルターのドレンプラグとガスケットを対策品に交換する。

不具合は32件発生。事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

エンジン補機ベルトについては、ベルト製造時の芯線の張力が不均等なため、ベルトの強度が低下しているものがある。そのため、エンジンの駆動力によりベルトが破断し、オルタネータやウォーターポンプが停止して警告灯が点灯し、最悪の場合、エンジンが停止して再始動できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、エンジン補機ベルトを良品に交換する。

不具合は106件発生。事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

特集

page top