井上真央から堺雅人へ、大河バトンタッチ!  | Push on! Mycar-life

井上真央から堺雅人へ、大河バトンタッチ! 

エンタメ エンタメ

堺雅人、井上真央/「花燃ゆ」「真田丸」バトンタッチセレモニー
  • 堺雅人、井上真央/「花燃ゆ」「真田丸」バトンタッチセレモニー
  • 堺雅人、井上真央/「花燃ゆ」「真田丸」バトンタッチセレモニー
  • 堺雅人/「花燃ゆ」「真田丸」バトンタッチセレモニー
  • 井上真央/「花燃ゆ」「真田丸」バトンタッチセレモニー
  • 堺雅人、井上真央/「花燃ゆ」「真田丸」バトンタッチセレモニー
  • 堺雅人、井上真央/「花燃ゆ」「真田丸」バトンタッチセレモニー
  • 堺雅人、井上真央/「花燃ゆ」「真田丸」バトンタッチセレモニー
  • 堺雅人/「花燃ゆ」「真田丸」バトンタッチセレモニー
NHKの大河ドラマの毎年恒例のバトンタッチセレモニーが11月25日(水)に開催。今年の「花燃ゆ」主演の井上真央、来年の「真田丸」の堺雅人が出席した。

毎年、それぞれの作品とゆかりの深い土地の名産品を互いに贈り合うが、井上さんから堺さんに贈られたのは、「花燃ゆ」の中にも登場する富岡製糸場に代表される群馬県特産のシルクでできたストール。一方、堺さんは真田氏の根拠地である信州特産の真っ赤なリンゴを贈呈した。

「花燃ゆ」放送は残り3回となったが、井上さんは準備を含めて同作に携わってきた約2年を振り返り「主演をさせていただけて光栄でしたし、ゴールにたどり着いた時は、人生で一番じゃないかと言うくらい達成感がありました。役者として、人として、価値観が変わるいろんな経験があり、成長させていただきました。大変な分、得るものも多かったです」と充実した表情。一方で「撮影が終盤に近づくと、『花燃ゆ』ではなく『真田丸』の台本を持っているスタッフが増えたり、こないだまで『花燃ゆ』Tシャツを着ていた方が『真田丸』Tシャツを着ていたりして、寂しいと思うこともありましたが(笑)、こうやって引き継がれていくんだなと思いました」とも。これを聞いた堺さんは「僕も『花燃ゆ』のTシャツをもらって、ちょくちょく着たいと思います!」と笑いを誘っていた。

井上さんは、堺さんからリンゴを受け取り「気も体も緩んでいるので、リンゴダイエットでもしながらおいしくいただきます!」と笑顔。この先も長丁場の撮影が続く堺さんに「スタッフのみなさんも、頼りになる座長さんだと頼もしく思っていると思います。私の周りの歴史好きの人も楽しみにしていますし、私も勉強のためにいち視聴者として見るのを楽しみにしています。お体に気をつけて、頑張ってください!」とエールを送った。

一方、堺さんは「おつかれさまでした。男性が主演なら『おれに付いてこい!』という感じになるのかもしれませんが、(井上さんの役は)遠くで見守ったり、受けのお芝居も多かったので、きっとリーダーシップを発揮するだけではない座長ぶりを発揮されたのではないかと想像しています」と井上さんをねぎらった。

「花燃ゆ」の現場では井上さんがお菓子ボックスをたびたび差し入れしていたそうだが、堺さんは「僕もお菓子は時々差し入れしてるんですが、チマチマと安いお菓子を差し入れることが多いです。あとで、井上さんにどんなお菓子の銘柄が呼ばれるのかお聞きしたいと思います」と笑顔で語っていた。

「真田丸」は2016年1月10日(日)より放送開始。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top