【ミラノショー15】ドゥカティに「アンダー400」登場、スクランブラー Sixty2 | Push on! Mycar-life

【ミラノショー15】ドゥカティに「アンダー400」登場、スクランブラー Sixty2

自動車 ニュース

ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
ミラノショー2015の開催に合わせ、ドゥカティは日本でなら普通二輪免許で乗れる『スクランブラー Sixty2』を発表した。

スチール製トレリスフレームに搭載されるエンジンは、排気量399ccの空冷L型2気筒。ドゥカティとしては、2008年まで日本市場に向けて出荷されていた『モンスター400』以来のアンダー400モデルだ。

Sixty2 のネーミングは、1962年、初代ドゥカティ スクランブラーが登場した年に由来し、アメリカで流行したポップアートにまで遡ることができる。史上もっともポピュラーなモデルであり、ポップ・アイコンとしての役割を担っていく。

ライディングポジションは、ワイドなハンドルバーとロングシートにより、快適でリラックスできるもの。専用デザインが施されたティアードロップ型スチール燃料タンクをはじめ、トラディショナルな正立式フロントフォーク、クラシックなデザインのスチール製スイングアーム、デュアル・チャンネルABSを標準装備。

車体色はアトミック・タンジェリン、オーシャン・グレイ、シャイニング・ブラックの3色を設定し、フロント/リアのLEDライトや液晶メーターなど、最新式のコンポーネントが組み合わされている。

税込み価格は89万9000円で、2016年春に日本導入予定。反骨精神、扱い易さ、そしてバイクの楽しさを表現し、伝統とモダンなスタイルを融合した。

今回、BMW Motorradもアンダー400モデルとなる『G310R』を発表している。大型バイクがラインナップのメインだった外国車勢が、日本をはじめとするアジア市場に照準を合わせてきている模様だ。
《青木タカオ》

特集

page top