ローム、高効率カーオーディオ用システム電源ICを開発…低消費電力化を実現 | Push on! Mycar-life

ローム、高効率カーオーディオ用システム電源ICを開発…低消費電力化を実現

自動車 ニュース

ローム カーオーディオ用システム電源IC「BD49101AEFS-M」
  • ローム カーオーディオ用システム電源IC「BD49101AEFS-M」
ロームは11月25日、業界最小の動作電力を実現した、カーオーディオ用システム電源IC「BD49101AEFS-M」を開発したと発表した。

近年、カーオーディオ等のカーインフォテイメント機器においては、USB、Bluetoothなど多機能化による電源系統の増加が進んでおり、消費電力の増加が懸念されている。新製品は、高効率のDC/DCコンバータを採用し、同社従来品では13.3W消費していた動作電力を4.66Wまで低減し、約65%減の低消費電力化に成功。カーオーディオ用システム電源ICとしては業界最小の動作電力を実現した。

また、発熱を抑えたことで、放熱板が不要な面実装パッケージの採用が可能になり、熱設計での大幅な簡略化や省スペース化を実現。さらにケーブルインピーダンス機能付きUSB電源も内蔵し、カーオーディオに必要なシステム電源を1チップ化したことで、設計負荷の軽減に貢献する。

新製品は、2015年8月より月産50万個の体制で量産を開始。サンプル価格は700円/個(税抜)。
《纐纈敏也@DAYS》

特集

page top