【予告編】市原隼人が抱える壮絶過去とは…ワケあり10人の群像劇『ホテルコパン』 | Push on! Mycar-life

【予告編】市原隼人が抱える壮絶過去とは…ワケあり10人の群像劇『ホテルコパン』

エンタメ エンタメ

市原隼人(海人祐介役)/『ホテルコパン』 (C)2015 and pictures inc.
  • 市原隼人(海人祐介役)/『ホテルコパン』 (C)2015 and pictures inc.
  • 市原隼人(海人祐介役)/『ホテルコパン』 (C)2015 and pictures inc.
  • 市原隼人(海人祐介役)/『ホテルコパン』 (C)2015 and pictures inc.
  • 市原隼人(海人祐介役)/『ホテルコパン』 (C)2015 and pictures inc.
  • 市原隼人(海人祐介役)/『ホテルコパン』 (C)2015 and pictures inc.
  • 市原隼人(海人祐介役)/『ホテルコパン』 (C)2015 and pictures inc.
  • 市原隼人(海人祐介役)/『ホテルコパン』 (C)2015 and pictures inc.
市原隼人が主演を務め、1998年の長野冬季オリンピックから18年たった長野県・白馬村を舞台にした“グランドホテル形式”の群像劇『ホテルコパン』。このほど、その公開日が2月13日(土)に決定し、市原さん演じる元中学教師を始め、ワケありのキャラクターたちが勢ぞろいした予告編映像が解禁となった。

舞台は、長野オリンピックであの感動のジャンプ競技が行われた白馬村にあるホテルコパン。東京で中学教師をしていた海人祐介(市原隼人)は2年前から、ここで働いていた。オリンピックで賑わった白馬村も、いまでは、かつての賑わいが嘘のように閑散としている。オーナーの桜木(近藤芳正)は、あのころのような活気を取り戻そうと躍起になるが、そう簡単に客は集まらない。もう一人の従業員のユリ(玄理)は、そんな桜木を尻目に無愛想に淡々と働いていた。

あるとき、偶然にも数組の宿泊客が到着する。なんと、その中の女性・千里は教師時代に担任した生徒・守の母親。守はいじめを受けており、海人はいじめから救おうと努力したのだが、努力も虚しく守は自殺をしてしまったのだった…。

本作は、ホテルコパンを舞台に、ワケあり10人のそれぞれの壮絶な人生の山場がぶつかり合っていく“グランドホテル形式”の群像劇。かつてない複雑な感情を抱える主人公を演じ切った市原さんを主演に迎えた本作は、これまで短編映画で数々の賞を受賞してきた門馬直人監督による渾身の長編デビュー作となる。


今回届いた予告編映像でも、市原さん始め、壮絶な人生の山場を迎えるキャラクター10人が登場する。東京からやってくる元教え子の母親(清水美沙)に、一見ラブラブに見えるカップルの美紀(大沢ひかる)と班目(前田公輝)、多額の負債を抱えている宗教団体の教祖・段来示(栗原英雄)と資産家令嬢・ひかる(水田芙美子)、昔は脚光を浴びていた老女優・舟木(李麗仙)とマネージャーの澤井(大谷幸広)。 ホテルオーナーの桜木もまた、離婚した妻・美智代(遠山景織子)と娘・歩(山田望叶)と偶然再会してしまうのだ。

オリジナリティあふれる多様なキャラクター、全員が“絶望”へと向かっていくストーリー。2020年の東京オリンピックも控える中、閑散としたホテル繰り広げられるノンストップの群像劇には、どんな結末が待っているのか。映像に映し出される「この世に“希望”があることをあなたが証明してください」という言葉に、思わず絶句しそうになる予告編を、まずはこちらからご覧あれ。

『ホテルコパン』は2016年2月13日(土)より全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top