【フォード フォーカス 試乗】パドルシフト搭載! 走りがもっと楽しめるクルマに…竹岡圭 | Push on! Mycar-life

【フォード フォーカス 試乗】パドルシフト搭載! 走りがもっと楽しめるクルマに…竹岡圭

自動車 試乗記

フォード フォーカス Sport+ Ecoboost
  • フォード フォーカス Sport+ Ecoboost
  • フォード フォーカス Sport+ Ecoboost
  • フォード フォーカス Sport+ Ecoboost
  • フォード フォーカス Sport+ Ecoboost
  • フォード フォーカス Sport+ Ecoboost
  • フォード フォーカス Sport+ Ecoboost
  • フォード フォーカス Sport+ Ecoboost
  • フォード フォーカス Sport+ Ecoboost
「パドルシフトだっ!」思わず声に出して、ひとり叫んでしまいました(笑)。

というのも、マイナーチェンジ前の『フォーカス』は、と~ってもいいクルマだったのですが、あのシフトレバーについたスイッチを親指で操作するMT風シフトが、私の手の大きさだとどうにもこうにもやりにくくて、うまく使えなかったんですよね。

それがいわゆるステアリングに装着されたパドルシフトになってくれたおかげで、ずいぶんとMT風シフトがしやすくなりました! そんなこと言いながら、私は通常あまりMT風シフトを積極的に使う派ではないのですが、フォーカスはそうやって走りたくなるくらい、スポーティな走行が十分愉しめちゃうから、ワインディングなどに出掛けると、シフトしたくなっちゃうんですよ。つまりは、基本的にクルマの出来栄えが素晴らしいんですよね。

そして、今回のいちばんの注目ポイント、パワートレイン。個人的には2リットルNAエンジンが好きだったんですけど、1.5リットルのターボエンジンもなかなかマッチングがよかったです。エコブーストエンジンって、どの排気量のタイプもパワーと燃費のバランスがとってもイイ。ジワリと効いてくれるターボなので、扱いにくいということもなくパワーもキッチリ出ていましたし、それを受け止める足回りもよりいっそう、カッチリとしたものになり、デザインに似合うシャープな乗り味が体現されていました。

フォーカスって、もっともっと売れてもイイんだけどなぁ~って、乗るたびに思う1台なんですよね。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト・タレント
「クルマ&カーライフは楽しくなくっちゃネ!」をモットーに、さまざまな媒体で「喋って・書いて・走って」を実践する女性モータージャーナリストとしてカーライフ全般を女性の視点からレポートする。モータースポーツでも、耐久レースやラリーレイドなど数々のレースに参戦するなど、硬軟幅広く携わる。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)理事、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。
《竹岡圭》

特集

page top