二宮和也、吉永小百合から“フェアリー”と称され改名を決意!? | Push on! Mycar-life

二宮和也、吉永小百合から“フェアリー”と称され改名を決意!?

エンタメ エンタメ

山田洋次監督、吉永小百合、黒木華、浅野忠信/『母と暮せば』完成披露試写会
  • 山田洋次監督、吉永小百合、黒木華、浅野忠信/『母と暮せば』完成披露試写会
  • 黒木華/『母と暮せば』完成披露試写会
  • 山田洋次監督/『母と暮せば』完成披露試写会
  • 浅野忠信/『母と暮せば』完成披露試写会
  • 山田洋次監督、吉永小百合、黒木華、浅野忠信/『母と暮せば』完成披露試写会
  • 山田洋次監督/『母と暮せば』完成披露試写会
  • 吉永小百合/『母と暮せば』完成披露試写会
  • 本田望結/『母と暮せば』完成披露試写会
山田洋次監督最新作で、吉永小百合と二宮和也が親子を演じる『母と暮せば』の完成披露試写会が11月22日(日)に開催され、山田監督、吉永さん、二宮さん、共演の黒木華、浅野忠信、加藤健一、本田望結が舞台挨拶に登壇した。

故・井上ひさしが生前に着想していたという、長崎を舞台に原爆をテーマにした作品を山田監督が映画化。敗戦から3年、長崎で助産婦をして暮らす伸子の元に原爆で亡くなった息子の浩二が亡霊となって現れ、2人の奇妙な暮らしを通じ、大切な人を失った遺族の悲しみ、戦争の傷から立ち直ろうとする人々の姿を描き出す。

山田監督は、1,200倍もの倍率を勝ち抜いてこの披露試写会のチケットを手にした観客を前に「この1年をかけて、ここにいる俳優さん、多くのスタッフと心を込めてこの映画を作りました。みなさんにとって、納得のいく映画になっているのか? 胸がドキドキします」と胸の内を語る。

5度目の山田作品出演となる吉永さんは「監督の熱い思いを何とか受け止めたいと思いながらやっていました。今回が一番、監督は迫力があって、1カット1カット、集中していて緊張しっぱなしでした」と撮影を振り返る。

二宮さんは「亡霊の役ですが悪い亡霊ではなく、良い亡霊で出てきます。親子関係など、いい形でみなさんに届く作品になっています」と作品の出来栄えに自信をのぞかせた。

吉永さんは、以前より二宮さんを「天才」と絶賛しているが、この点について「監督から難しい注文があっても、ひょいと受け止めて、次のテストではできちゃうんです。軽やかでリズム感があって、男性ですが“フェアリー(=妖精)”のようなんです」と説明する。二宮さんは喜びのあまり「“フェアリー和也”に改名しようと思います!」と即断し会場は笑いに包まれた。

生前の回想シーンでは、黒木さんが二宮さんの鼻をツンっと触れるシーンがあるが、司会者はこれを“鼻ツン”と紹介し、“壁ドン”、“アゴクイ”に続く、女性が胸キュンするしぐさとして世に広めるべく、黒木さんにこのシーンについて尋ねる。黒木さんは「“フェアリー”の顔が間近にあるので緊張しました(笑)」とユーモアたっぷりに語り「“鼻ツン”は女性からなので、ぜひ使ってください!」と笑顔で呼びかけた。

『母と暮せば』は12月12日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top